サッチャー元首相もボイストレーナーについてわざと「声を低くした」女性。有名女優も。その人の名は…。


  • チャクラで発声!


    声も ココロも 身体も 生命エネルギー!

伝える声から伝わる人に変わる公式:
「発声法x心理学ワークx7つのチャクラ活性化」
でお客様の反応が変わる!?

カリスマ講師、シンガーになる
オープンマインドボイス@主宰トレーナー
しんけん美歌です。

 

日本はうぐいす嬢。欧米では低音でハスキーな声が美人の条件?

 

日本国内では「うぐいす嬢」という
言葉に表されるように、
比較的高い声が好まれるようですね。

ただ、「甲高い声」の女性の場合は、
耳障りなので、本人は「声を低く」
「落ち着いた印象の声」にしたい
と感じているものです。

 

一方、欧米では、
子音言語であることもありますが、
「低音の声をもつ女性」
が美人の条件であったりします。

有名な美人女優の方々も、
ハスキーな声の持ち主が多く、
大衆に(男性にも女性にも)
好まれ、人気が高いのです。

 

ボイストレーナーについてわざと「声を低くした」女性有名人。

 

①マーガレット・サッチャー
(元英国首相・女性)

 

「鉄の女」と呼ばれ、クールな印象、
知性的な印象を与える必要がある
イギリスの首相。

確かに、国民からすれば、
甲高い声では「大丈夫か?」と不安感を
抱いてしまいます。

得票につながりませんよね。

 

「政治」の世界で活躍するためには
落ち着いた声が、確かに必要です。

しっかりとした安定感、信頼感、
そして「知性」「強さ」
を与えるためにも、低音は必要
だったのですね。

 

②ローレン・バコール
Lauren Bacall
1924年9月16日 – 2014年8月12日
(往年の名ハリウッド女優)

こちらはさすがに著作権フリーの画像を
見つけられませんでしたので…。

 

独特の声質と官能的な容姿で
知られた名女優さんです。

 

ボギーという愛称でシガーと煙が
とても似合った名俳優
ハンフリー・ボガードの最愛の妻
だった美女です。

お二人とも「白黒時代」の名俳優
カップルですネ。

 

そんなローレン・バコールも
大人の女優として

「発声法で声を低音」にして
名女優としての地位を築きました。

 

マーガレット・サッチャーも
ローレン・バコールも

敢えて「低音を武器にした女性」
と言えますよね。

 

こうやって、意識的に
ボイストレーニングを取り入れ
「魅力に昇華させる」。

 

素晴らしいエネルギーです!

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

オープンマインドボイス・メルマガは、
毎朝届く合計35通のステップメールと
夜刊の2部で構成されています。

朝の部はセルフレッスンできる内容です。

毎朝5分! あなたが行えば!

1か月後には、あなたの声が
見違えるほど通る、響く、
「伝わる」人になる ことができます。

夜刊の部では、
・成功するマインドセット
・心理学的アプローチ
・7つのチャクラについて
・意識やエネルギーについて
などをお伝えしています。

ご登録はこちらから。

●オープンマインドボイス(アカデミーボイス.com)メールレッスンお申込フォーム
※メルマガの購読は無料です。

セミナー講師の声の悩みを解消するアカデミーボイス・メールレッスン