【話し方】カリスマは声に幅を持っている!大学研究機関の発表


今日のブログは、 カリスマになる!
スピーチ、プレゼンで重要になる
声の要素とは?

についてお伝えいたします。


チャクラで発声!

声も ココロも 身体も 生命エネルギー!

 

伝える声から伝わる人に変わる公式:
「発声法x心理学ワーク
x7つのチャクラ活性化」

でお客様の反応が変わる!?

声を出すことを通じてココロの在り方を整え
もう1ランク上の自分を目指す人のための

 
オープンマインドボイス@主宰トレーナー
しんけん美歌です。

下記の記事も併せてお読みいただくと、
「声の重要性」が思っていた以上に
存在することが分かります。

声による収入差が2倍!?にもなることを知っていますか?
http://academy-voice.com/?p=1210

 

■プレゼンなどで重要なのは、大きな声を出すことではない。
最も大切なのは「声に幅を持たせること」

 

2014年10月、UCLAは

声の高低の幅のある人が
『より、支配力があり、
カリスマ性がある』」

という研究結果を発表しました。

研究チームは、
イタリア、フランス、ブラジルなどの
政治家の声を分析し、

どのような印象を与えるのかを
調査しました。

 

■「声の高低の幅」ってどういう声でしょうか?


①声の高低

「音程が高い」+
「音程が低い」と言えます。

音楽的にいえば、同じ高さの音
「ド」なら「ドの音程」で、
ずっと 喋り続けるのではなく、

「ドレ、ドミ、ドファ、ソシ
ラミ、ファラ」のような
音程の変化がある話し方です。

 

つまり、
声に抑揚があるということです。

 

一本調子で単調な声ではなく、
声に「表情」や
「トーンと呼ばれる音色」
があるということです。

 

●トーン(音色)とは、
思わず声に乗ってしまう
その時のあなたが持つ内面の
ココロや感情のことです。

↓ こんな風にね! ↓

 

②声に幅を持つコト 
(高低、鼓舞/落ち着き)

音程的な高低の幅だけではありません。

声に幅を持たせる際には、
ときに「鼓舞するように熱く前向きに!」
ときには「落ち着いた冷静な感じ」

という、感情の変化をつけます。

右脳にも、左脳にもアピールするような
喋り方を身につけている人たちが
カリスマと呼ばれるわけですね。

 

③声に変化を持たせるコト
(強弱、テンポ、リズムなど)

話すこと、しゃべることは、
音楽表現にも通じるものがあります。

夢中になると話すスピードが
思わず早くなる。

 

相手に聴かせ、腑に落として、
頭と心に 納得してもらうためには、
ゆっくりとしたスピードで

キーワードの「単語」を
何度も話す。

声を強く(大きく)出すポイントや
普通の音量で話す箇所。

こういった変化をもたせていく
ことです。

野球なら、ストレート、カーブ、
フォーク、スピードを
使いわけるというようなところ
でしょうね~(^^♪

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

オープンマインドボイス・メルマガは、
毎朝届く合計35通のステップメールと
夜刊の2部で構成されています。

朝の部はセルフレッスンできる内容です。

毎朝5分! あなたが行えば!

1か月後には、あなたの声が
見違えるほど通る、響く、
「伝わる」人になる ことができます。

夜刊の部では、
・成功するマインドセット
・心理学的アプローチ
・7つのチャクラについて
・意識やエネルギーについて
などをお伝えしています。

ご登録はこちらから。

●オープンマインドボイス(アカデミーボイス.com)メールレッスンお申込フォーム
※メルマガの購読は無料です。

セミナー講師の声の悩みを解消するアカデミーボイス・メールレッスン