【声を出す重要性】一流アスリートはここぞという時に「脳のリミッターを外す」為に声を使う!


声を出して「脳のリミッター」を外そう!

あなたも、TVで放映されるオリンピックや
世界選手権、サッカーや野球の試合など

「勝敗」「勝負」という白黒しかない世界に
生きる孤高のアスリート、スポーツ選手
たちの姿を、見たことがありますよね!

 

今日は、「声と脳とスポーツ選手」のお話です。

 

こんにちは!

伝える声から伝わる人に変わる公式:
「発声法x心理学ワーク
x7つのチャクラ活性化」

でお客様の反応が変わる!?

声を発することを通してココロの在り方を整え
1ランク上の自分を目指す人のための

 
 オープンマインドボイス@主宰トレーナー
しんけん美歌です。

 

声を出す重要性を分かっているから?

 

一流アスリートは、

ここぞという時、
ゴールや試合の決め時には、
必ずといっていいほど、

深呼吸をして「気合を入れる」
かのように、声を出しています。

 

脳にはブレーキがかかっている

 

人は常に色々なことを考えながら
生きています。

実に1日60000回/60000通りの思考、
煩悩の波にさらされています。

ただでさえ思考の波に翻弄されている
のに。

ここぞ!というときにも
思考の波、煩悩の波は
通常通りに襲ってきます。

例えば…。

何かにチャレンジする時、
「いつもの通りにしよう…」

と分かっているのに、
できないことはないですか?

これは色々な雑念が邪魔をして、
脳がブレーキを踏んでいるからです。

「上手くやりたい」
「失敗したらどうしよう」

「成果を上げたい」
「平常心平常心…」
「いつも通りやろう」

このように、
いつもは考えないことまで
脳に浮かんできます。

 

脳のブレーキを解き放つのが「声」

 

「声を出すコト」が、

大脳の前頭前野という
主に考え事をする部分の
邪魔をしているブレーキを
はずしてくれます。

=========
ちょっとブレイク!
●前頭前野ってどんな働きをするの?
=========

前頭前野は「脳の司令塔」
と呼ばれています。

「さあ、がんばるぞ!という「やる気」
「何かをやってみよう」という「挑戦する気持ち」
も前頭前野から出てきます。

反対に、やってはいけないことはしない、
という気持ちも前頭前野から出てきます。

人を傷つけてはいけない、
盗んではいけない、
これらも前頭前野が教えてくれています。

悲しいこと、悔しいことがあっても、
人前では顔に出さずに我慢する気持ち、
これらも前頭前野の働きです。

前頭前野をうまく使えないと・・・。

ちょっとしたことでも、
すぐに怒ったり、めそめそしてしまいます。

(※出典元:
東北大学未来科学技術共同研究センター
医学博士 川島 隆太 著
「脳を育て、夢をかなえる」より
参照・抜粋一部改)

==========ここまで

話を元に戻しましょう。

 

「声を出すコト」で、
余計な雑念が吹きとぶのです。

さらに、「声を出すコト」は、
小脳にも効果を与えています。

人は考えないでも、無意識でも
出来るようになると、

無意識をつかさどる小脳が
役割を担うようになります。

「声」は、直接小脳に働きかけ、

声で刻んだリズムの通りに
体を動かしてしまうのです。

如何ですか?

 

声と脳の関係性

 

声と脳には関係があることを
お分かりいただけましたか?

「声を出すコト」って、
こんなに威力があるんですね!

「声を出すコト」って
素晴らしいですね!

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

オープンマインドボイス・メルマガは、
毎朝届く合計35通のステップメールと
夜刊の2部で構成されています。

朝の部はセルフレッスンできる内容です。

毎朝5分! あなたが行えば!

1か月後には、あなたの声が
見違えるほど通る、響く、
「伝わる」人になる ことができます。

夜刊の部では、
・成功するマインドセット
・心理学的アプローチ
・7つのチャクラについて
・意識やエネルギーについて
などをお伝えしています。

ご登録はこちらから。

●オープンマインドボイス(アカデミーボイス.com)メールレッスンお申込フォーム
※メルマガの購読は無料です。

セミナー講師の声の悩みを解消するアカデミーボイス・メールレッスン