ビリオネアの成功するマインドセット(4): イマジネーションの力とは何か?具体的な方法を解説。


あなたには、死ぬまでに達成したい、
本気で成し遂げたい夢はありませんか?

「いつかできたらいいな」から脱却し、
「今、実現に向けて行動したい!」と
本当は思っているのではありませんか?

 

そんな方にとって、今日のブログは
大きく役立つ、力になることと
思います。

是非、最後まで目を通して参考にし、
行動していってくださいね!

そして、自分も、家族も、社会も
豊かになっていく波動を循環
させていきませんか?

ビリオネア成功者のマインドセットを
学ぼう!

4部作でお伝えする
「成功するマインドセット」シリーズの
今日は最終回です。

こんにちは!

自分の本心から出る言葉と声で
自分の商品やサービスを世の中に提供し
声の力を使って伝わる人になるための

7つのチャクラ活性化
オープンマインドボイストレーナー

しんけん美歌です。

ーーー
今までお話した(1)、(2)、(3)の復習は
こちらの記事です。

ビリオネアの成功するマインドセット(1):直接聴いた「うまくいく人」に変わるために必要な3つの力

 

ビリオネアの成功するマインドセット(2):自信がない人へ。メッシ選手の生い立ちをご存知ですか?

 

ビリオネアの成功するマインドセット(3): 解釈、フォーカスを変える。あなたはどんな「脳内会話」の声を出していますか?

ーーー

さて、4部作の最初の(1)で
必要な3つの力をお伝えしました。

 

===
1.絶対的な自信
2.解釈、フォーカスが±の+の側面
3.イメージ、イマジネーションの力
(具体的に1つ1つを映像化して想い描く力)
===

 

今日のブログでは3番目の力
についてお伝えしますね。

 

 

■3.イマジネーションの力 (本当にできるというイメージを抱く)

 

・恋愛でのイマジネーションの力

・仕事をする上での
イマジネーションの力

・個人起業家やフリーランスとして
成功するイマジネーションの力

 

それは、
具体的なシーンを、詳細に想像できる力
をもつこと。

右脳を使い、左脳と協力してカラフルな
静止画をあなたの未来のキャンパスに
描くように。

まるで映画のシーンのように動く映像を
鮮やかにイメージする力。

・何を
・いつ
・誰と

・どんなふうに
・どんな景色が広がっていて

・どんな色や
・どんな天気、匂い、風、音で

というように、具体的に想像できますか?

 

■イメージする力とは、「何となく、あいまいにお金持ちになりたい」ではダメ。

 

「何となく彼女がほしい」
「何となく彼氏がほしい」

「何となくいい仕事がしたい」
「いつか独立起業したいな」

では、まるでダメなのですね。

あなたの未来像の映画があるとして
何も焼き付いていない映像やフィルム、
デジタルやキャンパスを見せられても

何も伝わらないし、分からないですよね。

もし、本当に、本気で、本心から
「お金持ちになりたい」のなら。

・どんな仕事で
・どんな方の悩みを解決して

・そのことでどんな社会が実現して

・いついつまでに
・月収●●万円

そして、その目標のために具体的に
・何を学んで
・どんな行動をして

実現していくのでしょうか。

 

具体的に、左脳にも落とし込み、
右脳でありありと描ける力。

ビジョンを持つことができるかどうか。

この力が「イマジネーションの力」と
なります。

 

 

■イマジネーションの力は、第6チャクラです。

 

・ビジョンを描くことができる力
・未来を描くことができる力
・映像化する力

これは、自分にも、他社にも、
未来を見せることができる力となります。

イマジネーション、ビジョンを司る
第6チャクラについては、また別の機会に
お話をさせていただきます。

ただ、知っておいていただきたいのは、
成功、達成、実現に向けてのイメージ力は
7つのチャクラを活性化すること。

特に第6チャクラが要となることは
心の片隅に、とどめておいてくださいね。

さて、本題に戻りましょう。(^^♪

 

■具体的に、ありありと、鮮明に描くことはできていますか?

 

どんな車にのるのか。

どんな家に住むのか。

どんな食事をしているのか。
どんな洋服を着ているのか。
どんな旅をしているのか。

そういうイメージを、具体的に抱くこと。
創造することです。

人間は、思考する方向、
イマジネーションの方向に
引っ張られていくのです!

 

 

■「成功したい/するのは、何のため」でしょうか?

 

・両親に親孝行をするため?
・子供に十分な教育を与えるため?

・子供の病を治す治療費のため?

・世の中にITでイノベーションを起こし
地球環境を守るため?

・音楽で世界を変えるため?

この「何のために」という目的や
ミッションは強いほど
イマジネーションの力を助ける
励みになるのではないのでしょうか。

 

■いかに、自分に意識付づけができますか?

 

自分自身に
「ああ、できるんだ!」という体幹
を起こすことが肝心です。

「自分にもできる!」と
意識に落とし込めるのか。

イメージできるのか。
が大切なのです。

暖簾に腕押しの、表面的な
イメージングでは、
うまく機能しないのです。

蜃気楼にパンチを打ち込むような
イメージができていない状態では
夢を叶えることはできません。

この「実感や意識をもつ」という表現を
「感情を動かす」
「ワクワクする」
と伝える人もいるでしょう。

いかに自分に意識づけるかの最短の方法
は、何だと思いますか?

それは…。

 

■すでにあなたの目指す分野で実績を出している人、達成している人のそばに行くこと。

 

 

あなたが水泳選手で
オリンピックに出場したいのであれば
北島選手を育てた
平井コーチのもとにいき、泳ぐ。

 

フィギュアスケートで
4回転ジャンプを飛びたいのであれば、
コーチ自身には引退して飛べないけれど
現役の4回転ジャンパーを指導している
コーチの門下生になって、練習する。

 

年収1000万円以上を個人起業家として
達成したいのであれば、
既に何年間もその実績をもっている
起業家コンサルタントや塾に参加する。

 

ダイエットを成功させたいのであれば
周りの友人も、指導者もダイエットして
成功している人たちの輪の中に入る。

 

周りの環境が変わると
「自分の意識付け」が変わります。

また、まだ今の自分にはできていない
状態であっても、目の前に達成した人
がいることで、触発されます。

「ああ、みんなにできる。
私にもできる!」
と思えるようになるのですね。

 

 

■人類史上、初めて100m走で10秒を切ったのは誰でしょうか?

 

===Wikipediaより

世界では、
1900年にはまだ100m走は
11.2秒の記録に過ぎなかった。

その後、
走るスピードは大きく向上した
(The Economist July 18th 2015)。

1960年6月21日
西ドイツのアルミン・ハリーが
10秒0(手動)の世界新記録を樹立し、
10秒0に到達した。

以後、8年間で9人の選手が
10秒0を記録した。

手動では、1968年に数人が10秒を
切ったが、ついに、1968年10月14日
米国のジム・ハインズが

メキシコシティオリンピック
100m決勝で9秒95(電動)を記録、
10秒の壁を破った。

これは標高2240mで記録された
高地記録である。

その後、1983年5月14日、
米国のカール・ルイスが
カリフォルニア州モデストの競技会で
9秒97(電動)を記録。

平地ではじめて10秒の壁を破った。
その後の推移は、図や下表の通りである。

陸上男子100メートル世界記録の変遷

年次 記録 選手 国籍
1968年 9秒95 ジム・ハインズ 米国
1983年 9秒93 アルビン・スミス 米国
1988年 9秒92 カール・ルイス 米国
1991年 9秒90 リーロイ・バレル 米国
1991年 9秒86 カール・ルイス 米国
1994年 9秒85 リーロイ・バレル 米国
1996年 9秒84 ドノバン・ベイリー カナダ
1999年 9秒79 モーリス・グリーン 米国
2005年 9秒77 アサファ・パウエル ジャマイカ
2007年 9秒74 アサファ・パウエル ジャマイカ
2008年 9秒72 ウサイン・ボルト ジャマイカ
2008年 9秒69 ウサイン・ボルト ジャマイカ
2009年 9秒58 ウサイン・ボルト ジャマイカ
(資料)東京新聞201417

===引用、ここまで

 

■カールルイス以前は「10秒はきれないかもしれない」という全体意識。
⇒カールルイスが10秒を切った時、人類全体の意識は「10秒を切って走ることができる!」に変わった。

 

あなたにも、目の前で上手に
何かをやる人のことを
見よう見まねして、

自分もできてしまった体験は
ないですか?

目の前に見本や手本があったら
たやすくできるようになりませんか?

「あっ! できるんだ」というように。

 
カール・ルイスの突破後、
ウサイン・ボルト選手の活躍により
記録は9秒58にまで短縮されていますね。

 

 

■2004年8月15日、アテネオリンピック 男子100m平泳ぎ「1分00秒08」で北島康介が金メダル。

 


以下は、2015年に発表された
「2016年のリオオリンピック」
日本国内、男子100m平泳ぎの
派遣標準記録です。

 

1国2名3位=58.79
1国2名8位=59.38

派遣標準記録
1国2名16位
=59.63

59秒63です!

(因みに日本からは
誰も出場=突破できませんでした)

 

 

12年で、北島選手の2004年の
オリンピック優勝タイムを
突破しても、誰も日本国内を
勝ち抜くことすらできません。

レベルはどんどん上がるのですね。
先人の記録の背中を見て、

・どんどん若く
・どんどん科学的に
・どんどん早い道のりで

達成できるようになるのですね。

 

選手たちも、コーチたちも、
ご両親たちの意識も「1分を切る」
のが当たり前になるからでは
ないでしょうか?

 

そういう、具体的な意識付けが
できるからではないでしょうか。

 

 


2017年4月現在、
男子100m平泳ぎの世界記録は、
57秒13  アダム・ピーティ選手です。

(イギリス/2016年8月7日、
リオオリンピック)

 
2004年の北島選手のタイムから
既に約3秒も短縮されていますね!

 

すごいですよね。

人時代前には大人でもやっとだったことを
10代で、そして子供でもやってのける。

そんな進化成長が続く中に、
人間の「意識の存在」はかなり大きく
関係しているのではないでしょうか。

 

 

 ■短距離や競泳の世界記録は身近ではない例です。が、あなたの近くに「あなたの分野、あなたの目的地」となるお手本の人はいませんか?

 

あなたが自身が、
「ありありとイメージして」
何かを達成する。

実現するために。

具体的な目標を設定し、
手本となる人、モデルを
探してみませんか?

その人は、
・どうやってそうなったのでしょうか?

その具体的な方法を調べてみませんか?

 

■まとめ:

 

イマジネーションの力とは、

・感情を入れて
・具体的にみずみずしく
・意識づけして

あなたの脳裏で描くことができる
映像化の力。

そのステップを歩むお手本の身近に
行き、「できる」「やる」のが
当たり前と思える環境。

その環境を整えて取り入れる力。
と言えるでしょう。

そのために、
「お金」や「時間」や「労力」を
伴うことができたとき。

あなたの達成したい目標や夢を
実現することができるでしょう。

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

オープンマインドボイス・メルマガは、
毎朝届く合計35通のステップメールと
夜刊の2部で構成されています。

朝の部はセルフレッスンできる
ボイストレーニングの具体的な
テクニック内容をお届けしています。

基本発声法を図解入りで
解説しています。

毎朝5分! あなたが行えば!

1か月後には、あなたの声が
見違えるほど通る、響く、
「伝わる」人になる ことができます。

夜刊の部では、
・成功するマインドセット
・心理学的アプローチ
・7つのチャクラについて
・意識やエネルギーについて
などをお伝えしています。

ご登録はこちらから。

●オープンマインドボイス(アカデミーボイス.com)メールレッスンお申込フォーム
※メルマガの購読は無料です。

セミナー講師の声の悩みを解消するアカデミーボイス・メールレッスン