日光東照宮の天体を表現した神秘の龍脈、声の力、言葉の力(2)


ゴールデンウィーク後半に訪問した
日光山への旅の後編です。

いよいよ4年間の修復工事完了
間もない、きらびやかな陽明門を
くぐり、徳川家康公の御霊を
祀る、奥之院宝塔へ…。
前編(1)のお話はこちら。

【占い、占星術系に告ぐ!】観光地日光の飛ぶように売れる声の力、言葉の力(1)

 

こんにちは。

あなたが本当に伝えたい言葉に
あなたの最高最適の気持ちを乗せて
あなたの最高の声で表現しよう!

オープンマインドボイス
@主宰トレーナーの
しんけん美歌です。

 

 

 ■日光東照宮は北斗七星の形に配置されているとご存知でしたか?

 

 

陰陽道の強い影響を受けて
いるのだそうですね。

「東の天照大神」として
徳川家康公を北極星にみたて、
遥か日光の地から、真南の江戸を
守るパワーを送っているのだそうです。

東照宮内の、鳥居をくぐったあと、
陽明門、唐門から拝殿を拝み、
そこを右折し、眠り猫の門をくぐる。

 
その門は拝殿を大きく迂回して
奥宮(家康公の御霊)へと続く石畳と
階段へと続きますが、

 
その配置すべてが「北斗七星」になる
のです。

 
素晴らしいですよね。
天空の北斗七星を
地上に配置する建造表現力。

江戸時代にしてこの表現力。

 

■「北斗七星」と「北極星」にまつわる表現力は、地上の配置だけではないのです。実は陽明門上空に…。

 

 

鳥居と拝殿の直線上の間に建つ
陽明門の上空に、にちょうど北極星が
来るように陽明門は配置されています。

 
北斗七星は北極星を中心に回って
いますよね。

この北極星と家康公の御霊を祀る
「奥宮宝塔」を結んだ線の延長線に
江戸(東京)があるのですね。

北極星と家康公の
2つの大きなエネルギーが
東照宮、陽明門を通して

まっすぐ真南に位置する江戸の地に
送られるようになっているんです。

 
言葉や声を音声にして残す録音技術の
なかった江戸時代。

 
強いメッセージ性、パワーを
死んだ後も、「時代」を超えて遺す。

この壮大なメッセージ性。

 
占いや占星術を生業とする方にとって
大きなヒントをもらえる場所なのでは
ないでしょうか。

 
【例えば】
占いは、膨大な統計学データに基づいて
いることを知らない人もいますよね。

また、天体の動きに関する根拠を
「怪しがられず、妖しがられずに」
伝える明確な言語化はできていますか?

 
「伝える、知ってもらう、
価値を理解してもらう」努力を
継続していますか?

 
是非、諦めないで
明確なメッセージへのブラッシュアップ
を行ってくださいね。

 

 

言語化したい!
声に出して伝えるエネルギーを
演習したい!

そういう前向きな希望のある方は、
オープンマインドボイス個別相談会
をオススメします。

 

■鳴龍(なきりゅう)を知っていますか? 専属ガイドは「英語」でも説明します。

 

撮影禁止建物内でしたので、
写真はないのですが、

天井に当時の有名な九州の日本画
の画伯が「龍」を描きました。

 
そして、徳川家康公が信仰した
薬師如来様が飾られています。

 
天井に龍。
目前に薬師如来様。

その天井と床の間で拍子木をたたくと。

ある現象が起こります。

どこでたたいても拍子木は響きません。

ところが、「龍の顔」の真下の床で
叩いたときのみ、

拍子木があり得ないほど響き、
こだまして音が伸びていくのです。

 
龍の顔の箇所でのみ、反響する仕掛け
を施して建築しているのですね。

しゃれていませんか?
「こういった龍からのメッセージ」
にも感動します。

また、「鳴龍」の建物でも
専属の東照宮のガイドさんが
説明を行ってくださいます。

説明する言語は、
海外観光客がいる場合
日本語と英語の両方で説明します。

 
説明に2倍の時間がかかりますが
それはそれは流れるように
お話になります。

 
作務衣を着たシルバーグレイの頭の
男性シニアの方が流ちょうに
英語でも説明します。

 
この場合、「セリフを覚えて」
話しているわけですよね。

 
英語の説明ができるからといって
英会話が流ちょうにできるか
どうかは不明です。

 
日本語での説明もそうですよね。

予め文章が用意してあり、
その文章を暗記して
観光客の前で声に出して説明する。

という流れですよね。

 
占い、占星術に限らず、
「あなたは自分の商品やサービス」
を知ってもらうための

明確に言語化した説明文を作って
ありますか?

 
お客様の前で、流ちょうに説明
できますか?

 

 

■明確に言語化した説明文を作り、セリフのように覚える演習が有効です。

 

また、お客様との対話や
カウンセリング、インタビューは

がちがちのセリフ通りには流れない
会話となります。

その際のコミュニケーション話法に
関して、演習を積んでいらっしゃい
ますか?

 
声と言葉を使わないメッセージ力。
声と言葉を使った明確な言語化と
説明能力。

 
そして、一人でも多くの方に
日光の地を訪れた「価値」を知り
「その体験」を家に持って帰って
いただきたい。

 
そんな気持ちを表現するために
受け取ってもらうために、
日光のガイドさんは、

 
今日も演習を積み上げ、声と言葉の力に
磨きをかけていらっしゃるのでしょうね

 

 

■来月6月に 1dayワークショップと、 2days集中ワークショップを開催予定です。

 

2017.6月に、久しぶりに
グループワーク・セミナーを
開催しようと企画中です。

 
あなたが本当に伝えたい言葉に
あなたの最高最適の気持ちを乗せて
あなたの最高の声で表現しよう!

 
オープンマインドボイス
1dayワークショップと
2days集中ワークショップです。

「セミナー」という言葉を使って
いないのは、「座学形式」では
ないからです。

机があって座席に座って、
ノートにペンを走らせたり、
スクリーンに映し出されたPDFを
見る形式ではありません。

 

ワークショップとは、
座席から立ち上がり、

身体を動かして、声を出したり
実際に演習ワークを行う形式を
ワークショップといいます。

つまり=体験式。体感形式ですね!

どんな方が対象化と言うと、

伝えたいことが本当はあるのだけれど
シャイであったり、
勇気がなかったり、

「うまくいく自信がない」方は、
単に場数を踏んでいないだけです。

 
声と言葉をワーク中に作って決め、
1dayワーク、2days集中ワークで
演習、練習を積み重ねていきましょう!

 
一方で、「声はしっかりとはきはき」
しているが、
「明確に言語化したメッセージに
ブラッシュアップされていない」ために

残念ながら伝わらない方も対象です。

 
「声」と「ココロの仕組み」と
「チャクラ」と「メッセージ性」を
座学を含む演習で学びとり、

「言語化ワークで言葉をつくり」

最適な気持ちとエネルギーで表現する。
あなた自身が、まるで
「本当の自分自身を演じて
一体化する」

「俳優」「女優」「シンガー」に
なるような

表現力とコミュニケーション能力を
「声の力」で磨くワークショップです。

 
本当の自分自身を演じきれる
表現できる、伝えられる力を
身につけてみませんか?

自分自身の毎日を演出し
創造できる、ボイスクリエイター
になってみませんか?

身につければ一生ものの財産ですね。

企画、開催日が決定したら、
メルマガで一番最初に
お知らせいたしますね!

お楽しみに!

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

オープンマインドボイス・メルマガは、
毎朝届く合計35通のステップメール
夜刊(週数回お届けするリアルタイム配信)
の2部で構成されています。

朝の部はセルフレッスンできる
ボイストレーニングの具体的な
テクニック内容をお届けしています。

基本発声法を図解入りで
解説しています。

毎朝5分! あなたが行えば!

1か月後には、あなたの声が
見違えるほど通る、響く、
「伝わる」人になる ことができます。

夜刊の部では、
・成功するマインドセット
・心理学的アプローチ
・7つのチャクラについて
・意識やエネルギーについて
などをお伝えしています。

 

■メルマガ登録2大特典付きです。

 

 

ご登録はこちらから。

●オープンマインドボイス(アカデミーボイス.com)メールレッスンお申込フォーム
※メルマガの購読は無料です。

セミナー講師の声の悩みを解消するアカデミーボイス・メールレッスン