【感動的に歌う歌唱力】日本人は曲の出だしから一本調子にハキハキ歌う。抑揚をつけて歌うコツ


サビのメロディーで感動的に歌いたい!
聴いている人を圧倒したい!

自由にのびのびとした
歌唱力がほしい!
歌唱力をつけたい!

歌を歌う人ならだれもが望む
「歌唱力」!!!

日本人も外国人もカラオケが大好き!
KARAOKE は国際語ですよね。

あなたが歌うと決めた曲。
全体像をつかんでいますか?

5分前後の曲の歌詞の流れで
一番訴えたい箇所やフレーズは
自分なりにわかっていますか?

決めて、認識してから
歌い始めていますか?


(写真CC0 Public Domain)

 

 

こんにちは!

チャクラで歌う! チャクラで話す!
オープンマインドボイストレーナー
神剣美歌(しんけんみか) です(^^♪

 

 

1.歌がうまくなるためには、自分の歌を録音して聴き直すこと

 

 

録音した「歌声」を聴き直すと

・一本調子になっていないか?
・声が割れたり苦手な箇所がないか?
 
  
・高音で力み過ぎていないか?
・滑舌が悪くないか?
 
  
・声質などの「感じ」はどうか?
・母音「あいうえお」が聞き取りやすいか?
 
  
・テンポがずれていないか?
・音程がはずれている箇所はないか?

など、細かいことから大まかなことまで
本当によくわかるようになります。

そこで、 「撃沈」しないで
くださいね。

 

特に自分の声を初めて聴く方は
「普段内耳で聴きなれている声」と

外側の空気振動から伝わる外耳からの
自分の声との違和感にショックを受けます。

録音することで「受け止めて」ほしいことは
どこをもっと改善できるのかな。
ということです。

この時、マインドも大切になります。
「ああ、こんなこともできないのか、俺/私」
になると、辛くなります。

「ああ、ここがもっとも~っと
こんなふうになって
あの子の前で歌えたら、
  
 
みんなの前で感動的に歌えたら
きっと●●だろうな~

と素敵な未来像をワクワクしながら
「前向きに改善しよう!」
と感じるようにすることです。

目的:歌唱力をつけるために!

 

 

2.1曲の歌の構成を、まず理解し、歌詞を把握する

 

 

(1)
5分前後の歌は、だいたい

●出だしのAメロ + Bメロ + サビと呼ばれるCメロ
という構成になっています。

そして、
●1番(1コーラス目)
Aメロx2回 + Bメロ + Cメロ
 
●2番(2コーラス目)
Aメロx1回 + Bメロ + Cメロ
 
●間奏
●3番
Cメロ x 2回

という構成で、A+B+Cを繰り返すメロディーです。

(AメロとBメロだけの曲もあれば、
A+Bだけで間奏部分に盛り上げるブリッジ
となるようなCメロが1回だけ出てくる構成の曲
などもあります)

で、分解すると<A>と<B>と<C>
というメロディーですよね。

一本調子の方は、ABC同じ声の強さで
最初っから最後までハキハキと歌いがち
です。

 

悪い見本の「歌●曲」をまねてしまったり、
学●教育でも「ハキハキ性」のみを
重視してしっまっているからですよね。

ですが、歌には「歌心」が必要です。
そこで必要なのが「歌詞」を理解することです。

 

 

(2)
「歌詞」も、ほぼ「メロディー構成」と同じ
抑揚で盛り上がっていくことになります。

そこで、全部の歌詞を読んで、また、
自分が「この曲を歌いたい!」と思った
フレーズはどこなのかを確認します。

練習するのなら、その箇所にマーカーを
ひいたり、赤い鉛筆でチェックするのも
いいですよね。

 

そして、その曲で自分が一番伝えたいこと、
或いは、「作詞者が伝えたかったであろう部分」
を決めましょう。

 

大抵は、Cメロの冒頭部分になることが
多いです。
いわゆる、「決め文句」の歌詞ですよね。
その曲で何度も何度も出てくる歌詞です。

そして、その「決め文句のフレーズ」箇所と、
自分が最も伝えたい歌詞の箇所。

 

この2点の部分だけは
「音程をはずさず」「どうやったら感動的に
伝えることができるのかな?」と感じながら

録音した歌声を聴き直しましょう! 

目的:歌唱力をつけるために!

 

 

3.たった1曲の歌を感動的に歌うコツとは?

 

 

●1番
Aメロ : 静かに歌い始める
Bメロ : 少し大きく歌うようにする
Cメロ(サビ):大きく気持ちよく声を出して歌う(80%の出力)

●2番
Aメロ : 普通に歌う
Bメロ : 少し出力を上げる
Cメロ(サビ):訴えたい歌詞を大切にしながらどーんと
気持ちよく歌う(100%の出力)

●3番
繰り返しのCメロを 自由に、ノビノビと
楽しむ。大きく。

このように A、B C それぞれのメロディーごとに
少しずつ声の出力を上げていくこと。

だんだん強く歌うこと。

そして、メリハリをつけること。

 

もう1つのポイントは
・1番のCメロ(サビ)の出力より
・2番のCメロの出力を強く大きくする

ことです。

 

1番からマックスになると、
「聴いている人が、もういいや」と
なる可能性が出てしまうからです。

歌は、3番まで、最後まで聴いてもらって
ナンボ、の世界ですよね。

 

逆に、2番、3番のマックス状態が分かれば
1番は、そこから引いた出力にすればよい
という「構成バランス」が決まりますよね。

是非、あなたの歌を最後まで聴いてもらえる
「抑揚のある」感動的な歌い手になって
まいりましょう!

 

目的:「感動的な歌唱力」をつけるために!

オープンマインドボイスは、
「歌う」人へは歌い方と発声法を、
「話す」人へは話し方と発声法を、
レッスン提供しています。

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

オープンマインドボイス・メルマガは、
毎朝届く合計35通のステップメール
夜刊(週数回お届けするリアルタイム配信)
の2部で構成されています。

朝の部はセルフレッスンできる
ボイストレーニングの具体的な
テクニック内容をお届けしています。

基本発声法を図解入りで
解説しています。

毎朝5分! あなたが行えば!

1か月後には、あなたの声が
見違えるほど通る、響く、
「伝わる」人になる ことができます。

夜刊の部では、
・成功するマインドセット
・心理学的アプローチ
・7つのチャクラについて
・意識やエネルギーについて
などをお伝えしています。

 

■メルマガ登録2大特典付きです。

 

 

ご登録はこちらから。

●オープンマインドボイス(アカデミーボイス.com)メールレッスンお申込フォーム
※メルマガの購読は無料です。

セミナー講師の声の悩みを解消するアカデミーボイス・メールレッスン