【歌唱力】音がフラットしていることに気づいてますか?高い音程でうまく歌う発声のコツとは?


普通に歌っているだけだと
【音程がフラットする】状態に
なることを知っていますか?

 

こんにちは!

チャクラで歌う!チャクラで話す!
幸運チャクラを覚醒させて、
話すだけで幸運が舞い込む!
「幸せボイス」をつくる!

 

あなたの声を幸運を呼び込む
「パピネスボイス」に変える!

 

ハピネスボイストレーニング &
オープンマインドボイストレーニング
主宰@神剣美歌(しんけんみか)です。

 

 

歌が下手に聞こえる状態ってどんな状態でしょうか?

 

声が出ない、声がひっくり返る、
声の質がガラガラで響きがない。

などなどいろいろとありますよね。

 

では、声の響きがあればいい歌い方
になるのでしょうか。

 

声に詰まりも、声が裏返ることもなく
無事にスムースに最後まで歌えれば
良いのでしょうか?

 

実は、一般的に陥りやすく、
「歌が下手だな~」という印象を
与えやすいのは、

【音程がフラットする】状態
です。

 

つまり、
微妙に音程を外している状態。

しかも、音程が上がりきっていない
ちょっとだけ周波数が不足している
ような状態です。

 

 

音程がフラットする状態は、通常、誰でも起こります。

 

 

音程がフラットするとは、
歌声がフラットしている状態です。

 

歌を歌っている本人よりも、
聴いている相手側に「音がちょっと低い」
「高い音がでなくてキツそう」
という印象をあたえてしまいます。

 

歌声をフラットさせずに歌うためには、どうすればいいの?

 

 

むしろ、ただ歌っているだけでは
音程はフラットしやすいものだという
前提に立って歌を練習するのです。

特に、高い音程になる場合や、
音程の動きが上下に大きくなる
メロディーラインでは、

高い音程はフラットしやすいので、
フラットしないように歌う癖をつける
練習をしましょう。

 

それでは、どのように歌えば
高い音程がフラットする通常の状態を
抜け出せるのでしょうか。

 

それは、「頭の意識」や
「身体の意識」、そして、
「イメージの意識」を
以下のようにすることです。

 

普通の状態で歌うと、誰もがそもそも
フラットした音程になっているのです。

 

つまり、音符記号の下の部分に
音や声があたっている状態なので、
イメージや意識をもっと上げる必要
があるのです。

 

高い音程では特に、
音符記号の上の部分にあてるイメージ
をもつことです。

 

そして、イメージの意識をもつと、
背筋も自然と伸びますし、
声帯も伸びます。

 

詳細は、また別の機会にしたためますが
「声帯」は低い音程では太く短く、
高い音程では細く長く伸びるもの。

だということはご存知ですよね?

 

高い音程で声帯が細く長く伸びている
状態だからこそ、声量を大きくしようと
息を一気に声帯に吹きつけると危険です。

 

高い音程こそ、大きな声で出す練習では
なく、小さめに「あてて響かせる」意識
が必要です。

 

一気に「息をあてて」呼吸を
コントロールできないことが、
声が涸れやすくなる要因なので
気をつけてくださいね!

 

声帯は、とっても小さな組織です。
身体全体で歌うバランスに対して、
あまりにも小さな箇所ですので、
無理なく大切に扱ってあげましょう!

 

ハピネスボイス、そして
オープンマインドボイスは、
「歌う」人へは歌い方と発声法を、
「話す」人へは話し方と発声法を、
レッスン提供しています。

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

オープンマインドボイス・メルマガは、
毎朝届く合計35通のステップメール
夜刊(週数回お届けするリアルタイム配信)
の2部で構成されています。

朝の部はセルフレッスンできる
ボイストレーニングの具体的な
テクニック内容をお届けしています。

基本発声法を図解入りで
解説しています。

毎朝5分! あなたが行えば!

1か月後には、あなたの声が
見違えるほど通る、響く、
「伝わる」人になる ことができます。

夜刊の部では、
・成功するマインドセット
・心理学的アプローチ
・7つのチャクラについて
・意識やエネルギーについて
などをお伝えしています。

 

■メルマガ登録2大特典付きです。

 

 

ご登録はこちらから。

●オープンマインドボイス(アカデミーボイス.com)メールレッスンお申込フォーム
※メルマガの購読は無料です。

セミナー講師の声の悩みを解消するアカデミーボイス・メールレッスン

ボーカルレッスン、ボイストレーニングは
東京、世田谷区、下北沢の
「Cosmic★Will」(コズミックウィル)まで!