【機能性発声障害(2)】で自信喪失、未来のビジョンが見えない → 声優活動復活!演じることって楽しい! + 未来を描く + 夫にも意見や気持ちを伝える。→ワクワクで楽しいことが何なのか分かる人生を生きる。


実は、私のボイスレッスンには
「チャクラ」を扱っていること、
そして「心理セラピーワーク」を
導入したボイスレッスンであること。

 

上記の2大特徴があるため、
「機能性発声障害」と診断された方や
そうであろうと見受けられる方を始め

「心理的なボトルネックを外し」
「自分の思いを伝えられるようになりたい」
とおっしゃる方々が
クライアントになっていらっしゃいます。

 

数十年前までは、医学の分野で、
もとい、特に発声の分野で
心因的要因の診断治療を仰ぐことは
できませんでした。

心因面を司る専門科と、
身体面の医学専門科が全く別々に
存在しているからですよね。

 

一方で、声のプロの方々は、ビジネスに
直結していますから、専門医を訪れる
こともあるでしょう。

 

ですが、心因性なわけです。

そうなると、身体的機能としては、
喉に何らのポリープも結節もなく、
異常のないきれいな状態です。

「うまく発声できなくなった」方は
喉に異常はなく心因性を抱え、
放置したまま生活を送るか、

私のようにど根性で8年かけて
自分で心理セラピーワークを受講し、
心理学の勉強をしながら

過去の感情を癒していくことが
必要でした。

 

しかも、その「プロセス=過程」には、
「解決するというデータも前例も
ないまま」に、自分を実験台にして
8年の歳月をかけていったわけです。

 

現在は、耳鼻咽喉科の専門医のほかに
病院に「ボイスセラピー資格保持者」
も勤務し、心因面でのサポートも行える
時代となりました。

 

時代は変わりましたね~!!!
(いいことです!(^^♪)

 

ただ、ボイスセラピー資格保有者でも、
テクニックを教えるボイストレーナー
ではなかったり、

実際に罹患(りかん)体験がある方
とは限らないわけです。

 

そうなると、医学面とセラピー面と
テクニック面と、セラピーで訴える
心因面の指導を、

では、実際に線のようにつなげて
身体で「どうやって発声するの?」
という正しいお手本を見せたり、

身体を使って、発声のたびに指導できる人
が必要になるわけですよね。

 

身体の使い方、声の出し方、心のもち方、
そして、心のもち方なんて24時間持続
などしないわけですから、ぶれたときに
心身両面を元に戻す方法を

具体的に体をはって教えられる人は、
残念ながら、そうはいないのですよね。

 

最近の私のボイストレーナーとしての
役割の一部は、こういったサポートを行い、

心身共にクライアントの点と点を
線にしてつないであげることだと
感じています。

 

つまり、歌手出身、アナウンサー出身、
ナレーター出身のプロのテクニック指導者
と、神剣美歌のボイスレッスンの
大きく異なる点が

「心理セラピー」と「チャクラ発声」による
発声回復、感情回復ボイストレーナーである
ということです。

 

この意義に気づかせてくださったのは、
他ならぬ私のクライアントの皆さまです。
ありがとうございます。

今日ご紹介するエピソードは、
「機能性発声障害」と診断され

そのことはイコール、心の問題だけではなく
経済的に仕事が滞ることという
大きな痛みを抱えた一女性

心身共に懸命に、自分の人生と未来を
取り戻していくプロセスです。

 

また、今回ご紹介する「Mさん」から
以下のような
熱いメッセージをいただいています。

◆自分が「機能性発声障害」だと分からない、知らない人が多いのでは?

 

●機能性発声障害を発症しやすい職種:

 

Mさん
プロの歌手や声を発する仕事をしている
人(アナウンサー、車掌さん、警察官、
電話のオペレーターなど)が

罹患しやすい職業病のようなところがあり、
一般にはほとんど知られていないのです。

Mさん自身も、総合病院に通ったが、
機能性発声障害だとは診断してもらえ
ませんでした。

この病気にかかっても、診断されないために、
原因が分からず悩まれている方は
いらっしゃると思います。

 

Mさんの体験をご紹介することが
そんな他の方々の勇気と参考になれば
と思います。

病院にも行きながら
美歌先生のレッスンを受けている
私の経験が、
少しでもお役に立てましたら光栄です。
(^-^)

 

 

===お客様の声アンケート===

 

お名前: Mさん(東京都)
ご職業: 声を使うプロのお仕事

 

美歌先生
こんにちは!Mさん。

毎週のレッスンの合間に、自発的に
日々のチャレンジのエピソードをレポートしてくださり
ありがとうございます。

サポートしているトレーナーの私も、とても嬉しいです。

しかも、とても刺激になっています!

 

Mさん
こんにちは!美歌先生、こちらこそ、毎回のレッスンをありがとうございます。

 

 

美歌先生
 この1週間の間にどんな活動をなされたのですか? 

 

Mさん

前回のレッスン中スタジオでも感じたのですが、あれからお風呂の中で発声練習していたら、「エ」の音を発するのがとても心地よく楽しくなってきました!

 

(解説注:「エ」の音は、とあるチャクラ=第●チャクラに呼応する音声=で、WEB上では一切公開していません。レッスン受講者にだけ「正しい作法」で伝授しています。)

 

 他の音もそうなのですが、私にとって「エ」や「イ」や「ウ」の音を発するのが心地よい、

と感じられるのって、いつぶりだろうと思ったらとても嬉しくなりました。

 

美歌先生
 素晴らしいですね!

「エ」は広がる音ですが、結構、第●チャクラに感情が詰まり出にくくなって、音が広がらない人が多いですね。

一方で「イ」の音と「ウ」の音は、閉塞音なので、通常誰もが発声しづらい音なのですが、広がる音も閉塞する音も、異なる音声を発声できるようになってきたのは、大きな「心身面」の変化ですね~!!!

 

Mさん
そうなんです!

そして、「夫に、自分の思いを伝えてもいいんだ!」って思えたら、
ちょこちょこ言えるようになってきたし、
否定されても気にならなくなってきました。

これも、私にとっては、すごい進歩です!

だから、声も心地よく出るようになってきたのかな。(^-^)

 

美歌先生
 素晴らしい!

Mさんは、「伝えられない現状」というボトルネックを打破しましたね!

心のあり方を変えながら、声に変化が現れる。
声を正しく発声させる身体からのエネルギーを身につけることで
「心のあり方も自分軸を認めて」ぶれないようになってきているようですね。(嬉)

 

Mさん
実はこの声の不調に陥ってからも、声を発することはあきらめたくなくて…。


でも、いったりきたりする自分の気持ちに「やっていいんだ!」という踏ん切りをつけることができなかったのですが、

美歌先生から「自分へ許諾」というキーワードをいただき、背中を押していただけました。

こうなった今だからこそ「本当にやりたかったこと=一度は諦めた演じること=に挑戦してみよう!」と思い、先月声優のオーディションに応募していたのです。 

 

 

美歌先生
 素晴らしいですね!

(私は罹患者だから感情を分かりますが)
声が出なくなって初めて気づく「声という力の大切さ」ですよね。

どんな気持ちになりましたか?

 

Mさん

その会社から、一言だけ収録というお仕事を頂き、昨日スタジオに行ってきたのですが、面接の時の映像が印象に残ってくださっていたらしく、そのままもう一案件別のオーディション収録しましょう!
というお話を頂き、4役の台詞を頂いて読んだのですが。。

それが、とっても楽しかったのです!(^-^)

 

 

美歌先生
毎日苦しかった時間が、「楽しい時間」に変わったのですね!

素晴らしい!

痛い体験から得た「気づき」が、どんなに大きくても、
気づいただけで泣いて諦めるのは悔しいですよね。

 

Mさん

やっぱり、演技をすることが楽しいし、好きなのだなぁと思い出しました!
ちょっぴり自信も取り戻しました!
 

 

 

美歌先生
「正しい発声法」=「喉から発声する意識ではなく、感情エネルギーや意識エネルギーを発声する」という発声法については如何ですか?

 

Mさん
昨日は、呼吸と、丹田と、チャクラを意識して息を流すことを少し心がけただけでしたが、

美歌先生のレッスンのおかげで表現する楽しさにどんどん立ち戻れている気がします。
ありがとうございます! 

 

 

美歌先生
現在、病院への通院(耳鼻咽喉科の専門医とセラピーの専門医)と同時に、神剣美歌のオープンマインドボイス、ハピネスボイスレッスンを受講していますが、具体的な体感、印象はどう進んでいますか?

 

Mさん

セラピーの先生からの宿題も、

それだけではいまいち目的が分からなかったのですが、

美歌先生のレッスンも受けることでやっと繋がってきました。
 

やっぱり私にとっては両方が必要だったのだなぁと感じています。

よろしければ私のエピソードを、ブログ等でどんどん使ってくださいね(*^^*)

 

美歌先生
Mさん、ありがとうございます。

是非、他の方への参考のためにも紹介させていただきますね。
私が罹患した時には、こういう情報は一切なかったのです。(泣)

 

また、Mさん以外の方で、「数十年前から自分の発声音声に悩んでいる」方が、現在、受講されていらっしゃいます。

その方も、数十年前に何も診断されなかった体験から、自分の声を諦めたまま、数十年たった「今=2017年7月」になって、「私のレッスンメソッド」に出会った方もいらっしゃいます。

 

私も、「発信する義務や意義」を感じていますので、
Mさんの苦しい体験からの気づきと、現在のプロセスでの素晴らしい変化を伺って、私自身もとても嬉しいです。

 

私もMさんと出会って発見したことがあります。

それは、ボイストレーナーの私とクライアントさんとの間で、ともに波動を高めあって、刺激をしあっていけるということを体感したことです。

 

目の前で、「声と心に痛みを抱えている方」が、
決してあきらめずに「前に向かっていくプロセス」に同席し、
体感する立場にいることで、

私自身も、自分の人生がお手本になるように
チャレンジをし続けていきたいなという刺激をいただいています。

Mさん、私に出会ってくださり、ありがとうございます!

 

Mさん

美歌先生! こちらこそありがとうございます。(涙)

 

自分の中でやっと点と点が繋がってきました。
(これまで勉強してきた様々な呼吸法や発声法、病院のセラピー等)
 
 
この方向で取り組んでいけば良いんだ、ということが見えてきました。 

 

美歌先生
未来のビジョン(第6チャクラの力)が見えてきたのは、素晴らしい進化ですね。

喉の詰まりである第5チャクラを通過して、第6チャクラも活性化されてきた証ですね。

絶望や失望感も大きかったと思いますが、失意を解放し、喜びのエネルギーに変えていきましょう!
今日は、Mさんのエピソードと、
変化という一大プロセスをご紹介していただき、
ありがとうございました!

 

 

Mさん

美歌先生! これからもよろしくお願いします。 


来週のボイスレッスンも楽しみにしています!


ありがとうございます。
 

 

===ここまで===

 

声は、日常生活でも職場でも、
家庭でもプライベートでも、

あなたの意志表示だけではなく
「あなたの気持ち、感情」を伝える
大切な道具です。

 

意志表示とは、
「思考」を説明することではなく

実は「感情」という
内面の心の状態を表現することです。

具体的に伝えますね。

「あのときあなたはこうだった、あーだった」
と伝えることでは ありません。

「あのときこうだったけど、私は悲しかったんだ
「本当は辛かったんだ…」

「あの時、うまく伝えられなくてごめんね
本当は、優しくしてほしかったんだよね。」

つまり、

「パパ/ママにもっと甘えたかった!」
「厳しい言葉で怒られるのではなくて、
優しい言葉でいたわってほしかったんだ!」

「パパも大変だったんだね、ごめんね、
知らなくて…。」

というように、人類20万年の歴史で、
世界中の各地で「親子間のトラウマ感情」
となる

パワーゲームが繰り広げられてる会話を
気持ちを素直に表現すること「のみ」によって
終わらせることです。

このパワーゲームをストップできるのは、
理論の思考の正当性を主張することでは
なく、

少なくとも家庭レベル、親密な関係レベル
内であれば、

「本当の気持ち、感情」を伝えあうこと
です。

(ということは、心理学のデータで
もう実証されていることなのです。)

そして、究極は!

 

「ありがとう」という五文字の言霊。

です。

そして、本当に「感謝のエネルギーが
宿っている言葉」になっているのか。

 

あなたの「心の内側」は素直ですか?
心の内側で幸せを体感できていますか?

 

 

声も チャクラも、そして
あなた自身も 生命エネルギー!

7つのチャクラ活性化
オープンマインドボイス&チャクラボイスレッスン
@主宰トレーナー
しんけん美歌より

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

オープンマインドボイス・メルマガは、
毎朝届く合計35通のステップメール
夜刊(週数回お届けするリアルタイム配信)
の2部で構成されています。

 

朝の部はセルフレッスンできる
ボイストレーニングの具体的な
テクニック内容をお届けしています。

基本発声法を図解入りで
解説しています。

毎朝5分! あなたが行えば!

1か月後には、あなたの声が
見違えるほど通る、響く、
「伝わる」人になる ことができます。

夜刊の部では、
・成功するマインドセット
・心理学的アプローチ
・7つのチャクラについて
・意識やエネルギーについて
などをお伝えしています。

 

■メルマガ登録2大特典付きです。

 

ご登録はこちらから。

●オープンマインドボイス(アカデミーボイス.com)メールレッスンお申込フォーム
※メルマガの購読は無料です。

セミナー講師の声の悩みを解消するアカデミーボイス・メールレッスン