下腹部呼吸と発声がうまくいかない!喉もゴックンと嚥下運動のように上げて発声する癖。美歌先生、どうしたらいいですか~!=前編


今日も誰かの声と心のサイレンを聴き
お助けすることが私の本望。
ジャジャン♪

 

こんにちは!

あなたの声と心のあり方を変える
お救けウーマン!

心を開いたオープンマインドボイス
&幸運チャクラ覚醒ハピネスボイス
主宰トレーナー:神剣美歌です。

 

声のプロの方のみならず、プロの方では
なくとも、「声が嫌いという感覚」
どころではない感覚があります。

 

・声がうまく出なくなった
・声を飲み込むような音になった

・喉が詰まったり、声が詰まる

 

など、声を自然体で前に伸ばせない
発声状態に陥ってしまった人は、
泣きたい気持ちになりませんか?

 

声を出すたびに、話をするたびに、
恐る恐る薄氷を踏む想いになるのは
辛いですよね。

 

かつての私もそうでした。
私の場合は、「歌うとき」でした。

 

さて、本題のボイストレーニングによる
声の症状の改善策、解決策を
書いていきますね。

 

 

◆腹式呼吸は何のため?

 

息は、呼吸は、上半身の「肺」で
行います。(念のため)

 

腹式呼吸、とこに氣功の下丹田にあたる
第2チャクラの位置の腹筋を使った
下腹部呼吸についてです。

 

 

 

 

・声量と腹圧をコントロールできます。
・息と吐く時も、吹く時も、一点集中で
 丹田の位置に氣が集中する
 ピストン腹筋運動ができます。

 

 

下記の写真画像をご覧くださいね。

 

↑ これは空気ポンプね。

 

↑ これは井戸のポンプね。

 

みな、をかけて空気や水を
出力します。

 

吸い上げたり流し込んだりします。

 

圧で容器の中身を外に出します。
空気ポンプは圧で空気を別のものに
入れてくれます。

 

この圧の役割を、発声でも使って
います。

 

声が通る人は、無意識に圧の腹筋の
使い方をしています。

 

思わず大笑いしたとき!

 

座っているのに、両足が床から離れて
後ろに倒れそうになる体重移動のとき、
同時にバランスを保つ動きの一連の流れ。

 

下腹部で重心をとってバランスをとって
大声を出して笑っています。

 

声って、心と体の体幹軸が1つになって
出せると、素晴らしいエネルギーとして
出力されます。

 

(喉を使う意識から離れましょう)

 

腹筋を緊張させるとか、弛緩させるとか、
前後に動かすとか、理屈や思考で動かす
のではなく、体幹軸との「一連の流れの
動き」になる腹筋の使い方ができると

腹式呼吸としては成功です。

 

声に「芯」が入ります。

 

 

◆無自覚に染み付けた「喉をゴクリと飲み込む癖」=喉の位置と筋緊張=のように「発声時にもゴクリ」とさせていませんか?

 

 

・痙攣する人もいます。喉回りが…。

実は、私が常々治したい、
発声法を教えたい職種の方がいます。

 

・アパレルの女性店員
・エレベーターガール

 

後者のエレベーターガールの方は
致し方ないなと思うこともあります。

 

何故なら、エレベーターの中では
階数ボタンの前に立ち、
「背後」のお客様に向かって、
聞こえるような声を出すからですね。

 

意識も後ろに向いてますし、
前に声を出す必要はないからです。
(笑)

 

アニメーションの
「クレヨンしんちゃん」の声
の響きは、まさに声を前に出していません。

 

口の中だけに声を響かせ、鼻のあたりに
わざとかけてこもらせる声色を使って
いますよね。

こまっしゃくれたキャラクター設定の
声色だからですよね。
で、知らず知らずのうちに、
こういう声の出し方になっている人も
いらっしゃるんですね…。

 

 

◆「声量」と「腹圧」。息を「吐く」と「吹く」

 

 

声量が大きければ、声が遠くまで
届くわけではないです。

 

腹圧がかかって凝縮された声の芯
さえ通ればいいのです。

 

因みに、真空空間では音は伝わりません。
音を伝える、伝播する媒介がないからです。
(念のため)

 

空気が振動して音は響いて伝わって
いきます。

 

これを声の波動、音の波動と言います。

 

水中では、水が媒介して音が
伝わるのです。

 

声を無理に出そうとしなくても、
背骨の骨伝導や、胸の骨をつたい、
空気を響かせればいいのです。

 

声を出すというより、空気を響かせる。
空気と一体化してエネルギーを出せる
ようになっていけるといいですね。

 

遠くの人へ、声量もそれなりに大きく
腹圧もそれなりに凝縮させて強い声を出す。

 

腹圧を知らない人は、ただ大きい声を
出そうとしたり、声をただただ出そう
とするので、喉を傷めますね。

 

では、こういった一連の流れの動きを
自然に発声法に取り入れるレッスン法は?

ありませんか~?

 

というのが、今日のお題の
「美歌先生、助けてください~!」ですね。

 

それでは答えです!

↓ ↓ ↓

 

 

◆体幹軸を体感し、発声するときの「一連の流れの動き」に取り込む発声法の練習

 

 

(1)風船を膨らませる練習。

 

 

(2)吹き矢を吹く練習。

 

 

(3)息を吹くと鳴る笛の練習。 又は ホイッスルを吹く練習。

 

 

※風船、吹き矢、笛で
息を「吹く」とどこに「体感」がおこるのか、
しっかりと感じてください。
(※「腹圧」をより一層体感できる
具体的な練習法については、

オープンマインドボイスメールレッスン
に登録していただくと、

全35通のステップメールの中で
詳細に知ることができます)

 

◆風船・吹き矢・笛での練習の解説

 

 

例えばテニス。

 

ラケットは、利き腕に持っていますが、
腕だけで打ち合いをしたら、
腕は根元からいつかもげそうになり、
痛めてしまいませんか?

 

バックストロークでもフォアハンドでも、
ラケットをふるときに、腕の付け根や
脇からだけ振る人はいませんよね。

 

下腹部中心で、上半身も下半身も
体重移動して打っていませんか?

 

腕をふっていませんか?

 

喉を傷める人は、テニスのラケットを
腕で「だけ」振る人のように、
声帯で「だけ」出しているんですよね。

 

しかも、運動神経のいい人は、
天性で呼吸の仕方もうまい。

 

打つときに「息を吐いて」ますよね。
これ、息を吸ってスイングする人は
いないですよね。

 

 

※その他の注意点:

 

 

まるで飲食物を咀嚼する時のように
ゴクリと喉を嚥下運動しないように
注意しましょう。

 

そういう癖のある人がいるのです。

 

食道と気管支は分かれており、別物
なのですが、外部からは見えないので
声の出し方での喉の使い方が

微妙になってしまったのでしょう。

 

◆【アドバイス】

 

息を「吐く」と「吹く」の使い分け。
よくわからずに悩む方は、上記の
風船・吹き矢・笛の練習をしましょう。

 

一吹きしてみてください!

その瞬間に「分かる」でしょう!?

 

身体のどこを使ったのか
「分かり」ますよね?

下腹部の中央に
力が入りませんでしたか?

 

発声練習でも「その部分」を
使いましょう。

「下腹部呼吸」で腹筋を使うとは、
どういうことか。

やれば分かります。

==================

今日はここまでです。
さらに、今日の練習の先には、
息を「吹く」から「吐く」へと

移す練習法。
 
 
発声して行う練習法もありますが、
次回のお楽しみ
にしてくださいね。

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

オープンマインドボイス・メルマガは、
毎朝届く合計35通のステップメール
夜刊(週数回お届けするリアルタイム配信)
の2部で構成されています。

 

朝の部はセルフレッスンできる
ボイストレーニングの具体的な
テクニック内容をお届けしています。

 

基本発声法を図解入りで解説しています。

毎朝5分! あなたが行えば!

1か月後には、あなたの声が
見違えるほど通る、響く、
「伝わる」人になる ことができます。

 

夜刊の部では、
・成功するマインドセット
・心理学的アプローチ
・7つのチャクラについて
・意識やエネルギーについて

などを、リアルタイムにお伝えしています。

 

■メルマガ登録2大特典付きです。

ご登録はこちらから。

●オープンマインドボイス(アカデミーボイス.com)メールレッスンお申込フォーム
※メルマガの購読は無料です。

セミナー講師の声の悩みを解消するアカデミーボイス・メールレッスン