【1ポイント短文】発声法基礎=あくび喉


 

感情を抑えたり、飲み込んだり
大人としてふるまおうとすると
私たちの喉元は硬直し、
身体も一瞬硬直してしまいます。

 

こんなふうに…。

こんにちは!

幸運チャクラを覚醒させて、
あなたの声を幸運を呼び込む
「パピネスボイス」に変える!

 
心を開くオープンマインドボイス
&ハピネスボイストレーニング
主宰@神剣美歌です。

 

本日からは、1ポイントレッスンを
お伝えしてまいります。

 

 

◆感情を飲み込む癖はありませんか?

 

 

小さい頃から、感情を飲み込む癖の
ある人は、喉元を嚥下作用のように
喉をあげる癖がついている人がいます。

 

 

・男の子なんだから泣かないの!
・お姉ちゃんなんだから
 いい子にしていなくちゃ!

 

 

・泣きたいのに泣いてはいけない
・無邪気にはしゃぎたいのに我慢

 

 

・甘えたい!って言えない
・優しくしてほしいって言えない

 

 

私たちは皆、
「愛を得たい!」と思っています。

 

 

愛を得るために、無理に感情を
抑圧してきたことが積み重なり

身体に筋緊張やけいれんや、
喉を上げる癖がついて

 

「おもうように声が出ない」
「声が詰まる」
「胸が詰まる」

 

「(人につっこまれたくないので)
大きな声を出せなくなる」

という、心の緊張や喉の緊張を
もちあわせてしまうことがあります。

 

 

◆あくび喉を知っていますか?

 

 

ボイストレーニングでは
とても有名な「あくび喉」という
喉の使い方があります。

 

緊張して喉声になる人や、
喉を閉める人、
嚥下作用のように喉を上げる人は、

毎日、話したり、歌ったり、
声を出すときに、あくび喉を
心がけましょう。

 

 

◆あくび喉の「体感」の仕方

 

 

1.
普通の喉の状態では、
喉は普通に狭い状態です。

 

 

2.
普通の喉の状態を感覚として
覚えたうえで、

大きなあくびをします。

あくびをする時に、
自分の喉の状態、感覚が
どのようなものかを
意識して

あくびをします。

 

 

3.
あくびをするときには、
口もたてに大きくあいて
顎関節も広がり、
頬の表情筋も伸びます。

 

 

あくびをすることで
体感してほしいことは、

「喉が開くってこういうこと!」
という体感です。

 

 

冬になって屋外であくびをすれば
「喉元を空気が通る時に冷たい!」

暑い空気を飲み込めば喉元が
暑い!と感じるくらい喉が開いて
いる状態です。

 

 

喉を開かずに「呼吸」はできない
ですよね?

 

 

喉を閉めてしまったら、
空気は体内に入らないですよね。

 

 

4.
この、あくびをした時のような
喉を開いた感覚の状態で、

要は「リラックス」して
発声練習をする。

 

 

毎日声を出すことを心がける。

です。

 

 

===セルフレッスン法:ここまで===

 
声と心の詰まり癖は、
身体の無意識の使い方が偏って
しまった状態です。

声、心、身体は連動しています。

 

 

あくび喉で、喉に負担をかけない
発声法へと改善していきましょう!

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

オープンマインドボイス・メルマガは、
毎朝届く合計35通のステップメール
夜刊(週数回お届けするリアルタイム配信)
の2部で構成されています。

 

朝の部はセルフレッスンできる
ボイストレーニングの具体的な
テクニック内容をお届けしています。

 

基本発声法を図解入りで解説しています。

毎朝5分! あなたが行えば!

1か月後には、あなたの声が
見違えるほど通る、響く、
「伝わる」人になる ことができます。

 

夜刊の部では、
・成功するマインドセット
・心理学的アプローチ
・7つのチャクラについて
・意識やエネルギーについて

などを、リアルタイムにお伝えしています。

 

■メルマガ登録2大特典付きです。

ご登録はこちらから。

●オープンマインドボイス(アカデミーボイス.com)メールレッスンお申込フォーム
※メルマガの購読は無料です。

セミナー講師の声の悩みを解消するアカデミーボイス・メールレッスン