【チャクラ解説編】この一球は絶対無二の一球なり(第4チャクラ)


 

 

この一球は絶対無二の一球なり
されば身心を挙げて一打すべし

 
この一球一打に技を磨き体力を鍛へ
精神力を養ふべきなり

 
この一打に今の自己を発揮すべし
これを庭球する心といふ」

 

 

 

こんにちは!

 

幸運チャクラを覚醒させて、
あなたの声を幸運を呼び込む
「パピネスボイス」に変える!
 

心を開くオープンマインドボイス
&ハピネスボイストレーニング
主宰@神剣美歌です。

 

 

今日は【第4チャクラの役割
の解説編】をお届けいたします。

 

 

◆早稲田大学テニス部OBの福田雅之助氏がテニス部に贈った言葉【この一球は絶対無二の一球なり】

 

 

●福田雅之助氏とは?

 

 

1922年第一回全日本選手権大会優勝

1923年~25年デビスカップに出場

1924年ウィンブルドン大会、及び
1924年パリオリンピック出場

戦前の日本テニス界の第一人者でした。

 

 

●エースをねらえ!を知っていますか?

 

 

「エースをねらえ!」という
山本鈴美香大先生の少女漫画にも
登場する有名な言葉です。

 

 

岡ひろみを世界的選手に育て上げる
「宗方仁」コーチのセリフとしても
有名です。

 

 

岡ひろみが海外遠征をして
トップ選手として覚醒していくとき、
この言葉が利いてきます。

 

 

超一流のトップ選手のみがいたる
「ゾーン」の領域に入って
試合をプレイしていくわけです。

 

 

「この一球は絶対無二の一球なり」

 

 

この言葉と一体化した岡ひろみは、
勝ち負けの雑念すらなくなり、
ただただ無心にストロークを
重ねてプレイしていくのです。

 

 

松岡修造選手もウィンブルドンの
ベスト8進出をかけたサーブで
この言葉と一体化しています

 

 

人間として、選手として、
覚醒する瞬間、
ただ1つのものごと「のみ」に
集中しています。

 

 

●ゾーンを知っていますか?

 

 

この「ゾーン」という領域を
「フロー」と呼ぶ人もいるでしょう。

ビジネスでもなんでも、個人やチーム
が乗りに乗っている「フロー状態」
のときに、信じられない奇跡の力を
発揮することができ、

それまで困難だと思われていた課題を
自然に突破していけるのです。

 

 

実は、私も、このゾーンを、
水泳選手としてただ1度だけ
体験したことがあります。

 

 

マスターズ水泳の日本選手権で
全国優勝を成し遂げた「平泳ぎ」を
泳いでいたときです。

 

 

あれは、何だったんだろうか、
というように、私の中には一切の雑念
はなく、

会場、プール、観客席からの応援すらも
一体化して、それだけを呼吸するたびに
聴き、感じ、氣づけばゴール。

 

 

そして、見上げた電光掲示板。

 

 

レースの時間のみという
わずかな時間でしたが、
「ただ一体化していた」体験でした。

 

 

「無心」の境地でした。
しかしながら、悲しいことに、
この領域を再度体験しようと
試み、練習を重ねましたが、

できませんでした…。

 

 

。。。_| ̄|○

 

 

そう簡単には再現できないことも
知りえました。
(泣笑)

 

 

◆この一球は絶対無二の一球なり。→ 今日一日は絶対無二の一日なり

 

 

いくらでも言い換えがききます。

今日一日を頑張ることは
氣が遠くても、

「この一時間は
絶対無二の一時間なり」

と思って、この一時間だけは
頑張って何かに頑張ってみる。

 

 

一時間ならできそうではありませんか?

 

 

1ヶ月続ければ、30時間頑張った
ことになり、その結果である進歩を
自分自身で得ることができますよね。

 

 

進化・成長は、自分へのプレゼント
になります。

 

 

そのことが、自分に関わってくださる
周囲の方々への、プレゼントにも
つながっていきます。

 

 

「私のこのブログ記事一投稿は
絶対無二の一投稿なり。」(笑)

 

 

とまあ、氣愛は込めていますよ、
毎回。(笑)

 

◆目の前にいる人は、絶対無二の命なり=第4チャクラ

 

 

第4チャクラである
ハートチャクラをオープン
していますか?

 

相手に対してのみならず、
自分に対しても「心を開く」
のです。

 

 

自分がシャッターを下ろしているのに
相手にだけシャッターの扉をあけて
自分に心を開けなんて、無理ですよね。

 

 

というより、虫が良すぎます。

 

 

まず、自分からシャッターをあげる。
扉を開く。

 

 

そして、相手に受け入れてもらう。
そして、もう1つ大切なことは。

 

 

先行して自分が自分自身を認めること、
受け止めてあげることが必要です。

 

 

これを、心理学では「自己受容」
呼びます。

 

 

◆今ここに存在する自分自身も絶対無二の命なり

 

 

完全で完璧な人は、この世に
存在していません。

 

 

今ある自分の、長短所、陰陽両方を
受け止める「度量」があるかどうか。

 

 

ですよね。

 

 

うまくいっている自分であっても、
あるものごとに対してはうまくいっては
いない状態であっても、

ひとまず今の自分のままを受け止める。

 

 

不平不満の塊になって、
自分を否定し続けない。

 

 

まず、無条件下の自分を
認めてあげてください。

 

 

自分のハートを自分自身に開いて、
自分の赤ちゃんのように抱きしめて
あげる。

 

 

自分自身に、まず「愛」を注いで
あげられる度量です。

 

 

そして、「このままでいい」
というわけではありませんよね。

 

 

生きていく限り、進化成長していくこと。

 

 

常に前向きな姿勢になっていると、
「相手のハート」もオープンになって
くれやすくなります。

 

 

何故なら、人はネガティブな人には
近づきたくありません。

 

 

ポジティブな人、光あるところに
集まってくるからですよね。

 

 

◆「相手からエネルギーを引き出す」のではなく、自分が愛の源泉につながっていることが、第4チャクラの力

 

 

 

恋愛初期を経て、
深くつきあうようになると、
いきなり

「自分の愛の源泉」を見失い、
相手からの愛を引出しはじめ、
依存しあう関係に陥りがちです。

 

 

自分の根源にある愛の源に
つながり続けていれば、

枯渇することはありません。

 

 

依存しあうと奪い合いになります。

 

 

根源につながっていれば、
補充することができます。

 

 

「愛」は相手から引き出す、借りる、
依存するのではなく、

自分の源の力によって補充し続け
られるのです。

 

 

◆第4チャクラ=あなたの中の愛がアンバランスになってしまったときは?

 

 

体調管理や、自然との調和、
食べ物、周囲の環境を整えることも
大切です。

 

 

アンバランスになってしまったとき、
自分の中にエネルギーを呼び覚ます
簡単なエネルギー発声法ワークは
メルマガにてお届けしています。

 

 

また、実体験・体感するためには
「チャクラボイス発声法レッスン」
を受講することで理解できます。

 

 

もし、あなたがこれからの人生で、
ずっとずっと「進化・成長」を
続けていきたいと思うなら、

私の提供するオープンマインドボイス、
ハピネスボイスがお役に立てるでしょう。

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

オープンマインドボイス・メルマガは、
毎朝届く合計35通のステップメール
夜刊(週数回お届けするリアルタイム配信)
の2部で構成されています。

 

朝の部はセルフレッスンできる
ボイストレーニングの具体的な
テクニック内容をお届けしています。

 

基本発声法を図解入りで解説しています。

毎朝5分! あなたが行えば!

1か月後には、あなたの声が
見違えるほど通る、響く、
「伝わる」人になる ことができます。

 

夜刊の部では、
・成功するマインドセット
・心理学的アプローチ
・7つのチャクラについて
・意識やエネルギーについて

などを、リアルタイムにお伝えしています。

 

■メルマガ登録2大特典付きです。

ご登録はこちらから。

●オープンマインドボイス(アカデミーボイス.com)メールレッスンお申込フォーム
※メルマガの購読は無料です。

セミナー講師の声の悩みを解消するアカデミーボイス・メールレッスン