【過去記事への補足】ポジティブな言葉を使う筋反射テスト vs ポジティブとネガティブ要素双方をイメージすること


ポジティブ思考100%ではなく、
ネガティブ要素と
ポジティブ要素の両方
考慮することが必要です。

 

 

「ダイエットして5Kg痩せたい!」
「●●という目標/願望を達成したい!」

 

 

このような向上心のある目標って
失敗するより成功させたいですよね。

 

 

そして、ポジティブ度100%の思考よりも、
ネガティブ要素も考慮した目標行動の決め方の
ほうが、うまくいくという心理学の実験結果は
すでに発表されています。

 

 

願望実現についてアンテナ感度の
高い方は、実験内容詳細を
すでにご存じかと思います。

 

 

少しずつ認知もされてきていますよね。

 

 

こんにちは。

 

 

幸運チャクラを覚醒させて、
あなたの声を幸運を呼び込む
「パピネスボイス」に変える!

 

 

心を開くオープンマインドボイス
&ハピネスボイストレーニング
主宰@しんけん美歌です。

 

 

本日は、
「肯定的な言葉を選んで発声する」
であるとか、

 

 

「ポジティブなセルフトーク=脳内会話
にしましょう。」
と投げかけている投稿記事と、

 

VS

 

ポジティブ要素とネガティブ要素双方を
考慮したほうが
願望達成はうまくいく。

 

 

という
「一見矛盾? 混乱? するような」
投稿記事の整理整頓を
してみたいと思います。
(笑)

 

◆過去に「筋反射テスト」を使ったポジティブな言葉の力について投稿しました。

 

 

以下の記事です。(笑)

 

 

【抜粋】脳内会話や普段発する声や言葉がネガティブな人にとって恐ろしい実験。

 

 

この記事に自作のペイント画像を
添えて、2017年4月22日に投稿を
行いました。
(懐かしい・・・)

 

 

これは、「言葉の力」を使った
筋反射テストです。

 

 

そして、
多くのセミナーで様々な方々が
ポジティブ思考を勧めるために、
参加者に見せたり実体験させる

 

 

「その瞬間だけ」
の筋反射テストです。

 

 

この筋反射テストは、参加者に
ポジティブ思考の素晴らしさを
説いています。

 

 

私は、この筋反射テストは
今でも素晴らしいものだと
思います。

 

 

と同時に、
ある一定の期間でモノゴトや目標を
達成していく
過程という
総合的な時間の長さ/流れでは、

 

 

行動し始める時間のスタート地点、
始める前に考慮する要素や、
途中経過の長い時間のスパンとしては、

 

 

ポジティブな成功イメージだけではなく
ネガティブな要素も

 

 

「開始時・軌道修正時に考慮しておく」
心理学の実験の事も理解し、その必要性も
お伝えしています。

 

 

実際に願望達成できるデータとしては、
達成後の理想的な
ポジティブなイメージしかもたない
被験者よりも、

 

 

ネガティブな障害を
イメージした被験者のほうが

 

 

ゴールの達成度合いが増えたのです。
(次の章をご覧くださいね)

 

 

 

理想と現実のギャップに注目し、
ネガティブ要素である障害に対する
対策を立てたほうが効果的なのです。

 

 

一方で、
私はスポーツ選手でしたので、
競技レーススタート直前という
その瞬間では

ネガティブな言葉や事象に
支配された選手と

 

 

ポジティブな言葉で臨む選手の
ゴール地点での結果の違いを
恐ろしいほど見てきています。

 

 

同様に自分自身の競技での実体験、
選手を指導した経験からも同様です。

 

 

例え、一見ネガティブな事象が起きても、
それをポジティブエネルギーに転換
させられた選手は問題なくいきます。

 

 

が、ネガティブに支配された選手の結果は
おして知るべしです。

 

 

競技スタートについた地点と時点で、
「私は負ける!」なんて言葉を
脳内に思い浮かべたいでしょうか?

 

 

この場合に必要なのは、
選手としてトレーニングを重ねる
「行動」と「実行力」ですよね。

 

 

そして、夢だけを見ている人は、
行動もしないまま、実行もしないまま
「私は実現した!」と
イメージしたままの状態です。

 

 

行動するだけ行動したあとは。

 

 

担当コーチは、
競技に出ていく選手に
「ネガティブな言葉」ではなく、

 

 

「ポジティブな言葉」を
かけるのではないでしょうか。

 

 

そして、歌を歌っている瞬間も
同様ですよね。

 

 

「ああ~、今日はライブ直前に
夫婦/彼氏/友達と喧嘩した~!!」

 

 

「どうしようどうしよう・・・」
とは考えて歌わないです。

 

 

そうならないように練習を
積み重ね

そうなった場合はどうするの?
も考慮して練習するわけです。

 

 

そして、
普段から好ましい関係を
構築し続けて生活しますよね。

 

 

 

◆目標への行動を始める前、決定後も、ネガティブ要素も考慮に入れて修正し、そのネガティブ要素を越える努力と行動を脚本に入れる。

 

 

2017年4月3日には、
こんな記事も投稿しました。
(笑)

 

 

夢地図を描くだけでは叶わない人へ。ポジティブ思考は捨てた方がうまくいく理由とデータ有。行動力は第1チャクラ。

 

 

実験内容と、結果などの詳細は上記記事を
お読みくださいね。

 

 

ポジティブ要素だけをイメージする
だけで満足してしまい、
かえって行動量を減らす結果
にならないように、

 

 

気をつけないといけないわけですね。

 

 

夢見るだけの人で終わらずに、
実行する人になろう!
と提唱しているのです。

 

 

また、ハーバードビジネススクールの
別の実験では、

 

 

スパルタ実務では、
ノルマ達成、目標達成が
「have to(やらなければならない)」
願望になってしまい、

 

 

かえって生産性が落ちてしまう
という結果が出ています。
(この実験については、また別の機会に)

 

 

ようは、一部の自己肯定感の強い
「幼少期から親の愛情いっぱいで
育ってきたような人間」でないと

 

 

「want to」=やりたいからやっている
という行動になりにくいのでしょう。

 

 

失敗しても私には価値がある。
失敗しても愛を注いでくれた親がいる。

 

 

へこまずに、失敗をトライ&エラーと捉え、
次のステップに進んでいけるという
自己肯定感があるからです。

 

 

親子間にトラウマ感情が存在することは
全人類共通の負の遺産なので、
自己否定感があって当然です。

 

 

ですから、もしこの投稿をお読みの
あなたに、自己否定感があっても、
「ああ~」と自分を責めないで
くださいね。

 

 

その上で、
その体験によるネガティブ感情は
いつか/どこかで/誰かの元で
浄化=根本解決したほうが、

 

 

成功に、早く到達できます。

 

 

◆想定できるネガティブ要素と「戦うイメージ」自体は、「乗り越える行動が必要だと認識させる」前向きなポジティブ行為ではないでしょうか。

 

 

理想と現実のギャップに注目し、
対策を立てたほうが効果的。

 

 

ネガティブ要素の対策をたてることや
ネガティブな誘惑と戦う姿をイメージする
行為は、

 

 

それ自体はポジティブな行動
ではないでしょうか。

 

 

◆おまけ

 

 

私が、かつて競泳選手、
シンクロナイズドスイミング選手
だった経歴の持ち主ですので、

 

 

どうしても身近に感じるケースが
「お水関係」(笑)
になってしまいますが・・・。

 

 

アメリカの怪人競泳選手
マイケル・フェルプス選手と、

 

 

(※注:金メダル:18個
銀メダル:2個
銅メダル:2個を
オリンピックで獲得した「水の怪物」)

 

 

日本のスポーツ庁初代長官である
鈴木大地 元選手のことを
ご存知ですか?。

 

 

彼ら
「競泳界のオリンピック金メダリスト」
が、金メダルという目標を掲げて

 

 

実際に取り入れた練習方法が
ありますので、ご参考までに
お伝えします。

 

 

<マイケル・フェルプス選手>
彼は、いつもいつも圧勝してきた
わけではありません。

 

 

オリンピック時に、
金メダルをとったあとのインタビューで
実際には、100%の状態では
なかったと回答しました。

 

 

彼は、オリンピックレースの真っ最中に、
飛び込んだ途端にゴーグルに水が入り、
ほとんど視界がきかない状態で
泳ぎ切ったのです。

 

 

それでも、彼は金メダルをアメリカに
持ち帰ることができました。

 

 

その秘密は何か?

 

 

素晴らしい競泳コーチ
(アメリカの獲得したメダルの
大半は、競泳種目がもたらした)のもと、

 

 

「100%の実力を発揮できない
かもしれない、ゴーグルに水が入る+
その他のイメージトレーニング」
を行っていた。

 

 

のだそうです。

 

 

<鈴木大地スポーツ庁初代長官、元選手>
1988年ソウルオリンピック100m背泳
金メダリスト。

 

 

例えばの話ですが、
オリンピックでは、
風邪で微熱を出すかもしれない。

 

 

そんなとき、ドーピングにひっかかるため、
風邪薬すら、選手は服用できません。

 

 

自分の当日のコンディションが80%の状態でも
金メダルをとれるように計算した
練習メニューを、コーチと組んでいたそうです。

 

 

<最後に>
あなたに本気で実現させたい
願望や目標、ゴールがあるのなら。

 

 

しっかりとしたプログラムや
メニューを提供できるメンターや

 

 

二人三脚できるような環境や
サポート体制を
保ち続けてくださいね。

 

 

時には、あなたと長いマラソンの距離を
並走してくれるようなコーチを
探し出してください。

 

 

もちろん、先立つお金というツールは
一生活用し、循環させていきましょう。

 

 

オープンマインドボイス
ハピネスボイスの
初回体験+個別相談会に
参加してみませんか?

 

 

・7つのチャクラ活性化
・23年間で33000人の
心理セラピー実績に基づくプログラム
・発声法

 

 

で、しっかりとあなたの
「人間」としての心のあり方と
「発声法」をサポートいたします。

 

 

お申し込みはこちらから。

 

 

「声よし! 姿勢よし! 美容によし!
魔法の●●ケアを手に入れよう。
●●ケアのお手入れ法3点を伝授します。
体験会」

 

 

https://www.agentmail.jp/form/pg/6724/1/

 

 

 

今日のブログが、
あなたの氣づきやお悩み解決に
役立ってくれたら嬉しいです。

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

次回のブログを
お楽しみに!

 

もし、あなたがこれからの人生で、
ずっとずっと「進化・成長」を
続けていきたいと思うなら、

 

私の提供するオープンマインドボイス、
ハピネスボイスがお役に立てるでしょう。

 

オープンマインドボイス・メルマガは、
毎朝届く合計35通のステップメール
夜刊(週数回お届けするリアルタイム配信)
の2部で構成されています。

 

朝の部はセルフレッスンできる
ボイストレーニングの具体的な
テクニック内容をお届けしています。

 

基本発声法を図解入りで解説しています。

毎朝5分! あなたが行えば!

1か月後には、あなたの声が
見違えるほど通る、響く、
「伝わる」人になる ことができます。

 

夜刊の部では、
・成功するマインドセット
・心理学的アプローチ
・7つのチャクラについて
・意識やエネルギーについて

などを、リアルタイムにお伝えしています。

 

■メルマガ登録2大特典付きです。

ご登録はこちらから。

●オープンマインドボイス(アカデミーボイス.com)メールレッスンお申込フォーム
※メルマガの購読は無料です。

セミナー講師の声の悩みを解消するアカデミーボイス・メールレッスン