「声が単調な人のセミナーは眠くなる、つまらない」改善レッスン法


自分でできるセルフトレーニングとして

●「発声レッスンの具体例」
声が単調な人向けレッスン

について書いてみますね。

●声が単調な人
⇒声が一本調子で抑揚がない人

 のことです(^^♪

ご自身で気づいている方は少ない
かもしれませんね。

該当する人の特徴

(1)目線がずっと下
 ビジネスなら交換して手元にある名刺を。

 会議なら資料を。

 ずっと眺めて下を向いています。

【注意】:
会話は “紙”とするものではなく
今、目の前にいる存在=命=相手
とするものです。

特徴(2)
顔は上げているが視線が宙

自分が話す内容のコトで頭が精一杯。

間違わずに単語を出すことに一生懸命。

⇒なので、自分がどんな風に、どんな感じで、
相手の目に映っているのか、

どんな印象を相手に与えているか

全く考慮できていません。

無頓着なのです。

だからこそ、「話し手」は
「聴き手側のマインド」を
体感する必要があります(^^♪

そして、ここからが、
●声が単調改善レッスン法●
です。

何か1つフレーズを決めてみましょう。

例)
「私は●●から参りました●●です。」 

↑ 例えば、上のたった1行を例文とした
場合のレッスン法。

母国語なので、暗記できますよね。
要は、どこ(地名 or 社名)からきたかと
名前を名乗る。

だけの文章です。

【録音練習法】 

①「私は●●から参りました●●です。」
と、ただ話してみてください。

②間をあけた練習

「私は   ●●から参りました
●●です。  」 

  私は、で切る。(空白の間をおく)
  参りました、で切る。(空白の間をおく)
  ●●です。 で切る。(空白の間をおく)

  (できる人は、名乗ったあとで
  笑顔!)

③次は、間をあけたあと、●●を強調する
=アクセントをつけて、その言葉の部分
“●●箇所”だけ声を大きく発声する練習です。

④「私は   ●●から参りました 
●●です。  」


極端な例ですが、“どこ”から来たか

“何”という名前か。

だけが聞こえればいい、
印象に残ればいい、
強調する、

⇒相手に伝えたい言葉

となります。

⑤録音を聞き返す。

如何ですか?

これは、どんな文章ででも
練習できます。

【ポイント】
1.間をとる
2.強調したい言葉=伝えたい単語
は何かを明確にしておく

です(^^♪

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

オープンマインドボイス・メルマガは、
毎朝届く合計34通のステップメールと
夜刊の2部で構成されています。

朝の部はセルフレッスンできる内容で、
1か月後には、あなたの声が
見違えるほど通る、響く、
「伝わる」人になることができます。

ご登録はこちらから。

●オープンマインドボイス(アカデミーボイス.com)メールレッスンお申込フォーム
※メルマガの購読は無料です。

セミナー講師の声の悩みを解消するアカデミーボイス・メールレッスン