心の中の「比較」を手放すと●●●声が出せますよ!


今日は【声とマインド】の連動性
着目した内容を書いてみます。

誰ものココロの中にある「比較」
というキーワード。 

ボイスレッスン、ボイストレーニングで
トレーナーをしている中で、特にこの数か月、

レッスン生の方のマインドの中に

「比較」 

というキーワードが実に多い!
ことが判明しました。

 

【質問です】

 

あなたは、
「比較って具体的には何?」 
と聞かれたら、どんな具体例で
説明しますか?

 

・比較には、「何」と「何」の比較
があると思いますか?

↓ ↓ ↓

考えてみてください。

↓ ↓ ↓

 

【答えです】

 

例えば、

1.他人と自分の比較
  (相手が優れていて、
   自分は劣っている。)

(兄弟や友人との比較。)

2.過去の自分と今の自分の
  比較

(昔はうまくできたのに
今はうまくできない)


3.うまくいく自分と、
うまくいかない自分の

  比較

 

ここまでは、「自分軸」という
内側に向いた比較です。

 

もう1種類、自分以外の外側に
向いた比較があります。

思い当たりますか?

↓ ↓ ↓

4.自分の親と友人の親との比較

(自分の親は~~~で、
お友達の家に生まれたかった)

 

さて、
「比較」という習慣や
ココロや思考の【癖】を手放すと、
どんな声が出せると思いますか?

実は、軽やかな声

あるいは

明るい声
を出せるようになります。

 

比較にも、色々ありますよね。

これらの比較で、自分に劣等感
を抱いてしまう

 

のある人は、声が小さくなったり
声が暗くなったりします。

大きな声を出すような自己開示を
したがらない。

●傾向1)
何かを聴かれても
「答えたがらない」。

例)どこに住んでいるの?
と聞かれても、

「え?なんでそんなこと」と
マインドがざわざわして
「答えたくない」ので答えない。

(住所番地を聴いているのでは
ないですよ! どこ?とざっくりの
地域名なのにです。)

 

●傾向2)
他人をうらやんだりするので、
自分に自信が持てずに
明るく軽やかな声にならない。

重い、暗い、たどたどしい
口調になってしまう。

などの影響が出てきてしまいます。

 

【比較してしまう癖を手放すには?】

 

・「意識」して、自分を肯定しましょう!

・「意識」して、自分は自分! 他人は関係ない!
と、別々に区別しましょう。

・比較する考えが出てきたら

「あっ、比較が出てきたな!
比較してしまう自分を受け入れよう。
もう比較しない!」

 

と、実際に声に出して、発声して、
宣言しまくりましょう!

「意識する」とは、今までの当り前
を変えることを意識するのですから、

今までの以上のエネルギーや時間を
かけて努力を傾ける!

ということです。

●他人と比較しそうになったら!

 

宣言文という発声法レッスン

 

私は自分を他人と比較しない!

(比較しないけど、
比較している自分を一旦
認めて受け入れる)

つまり、 「比較してしまった自分」
を自己否定しない。

まず、自己受容しましょう。

 

自分が幸せになる選択をする!

自分の良さと自分の中のベストを
目指す!

・劣等感が出て来たら、まず
「今、自分の中に 比較という
雑念が出てきた!」

(と認めて許す。そのあとで)

・私はもう比較しない!

と「気づき」意識していくことです!

⇔こうやって、自己受容したうえで
自分を肯定できるようになると、

明るく 軽やかな声

になっていきます。

自己受容できることが
マインドフルネスへの第一歩です。


最低、1週間は意識して
、まず繰り返してください。

是非、比較を手放してくださいね!
やるかやらないかは、あなた次第です。

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

オープンマインドボイス・メルマガは、
毎朝届く合計35通のステップメールと
夜刊の2部で構成されています。

朝の部はセルフレッスンできる内容です。

毎朝5分! あなたが行えば!

1か月後には、あなたの声が
見違えるほど通る、響く、
「伝わる」人になる ことができます。

夜刊の部では、
・成功するマインドセット
・心理学的アプローチ
・7つのチャクラについて
・意識やエネルギーについて
などをお伝えしています。

ご登録はこちらから。

●オープンマインドボイス(アカデミーボイス.com)メールレッスンお申込フォーム
※メルマガの購読は無料です。

セミナー講師の声の悩みを解消するアカデミーボイス・メールレッスン