しんけん美歌のプロフィール


初めまして!

声はチャクラで出すのです。
声の詰まりは
チャクラでのココロの詰まり。

 

幸運チャクラを覚醒させて、
あなたの声を幸運を呼び込む
「パピネスボイス」に変える!
 

心を開くオープンマインドボイス
&ハピネスボイストレーニング
主宰@しんけん美歌です。

 

 

「発声法心理セラピーワーク
7つのチャクラ活性化」

という3つのエネルギーワークを
ベースにしたオリジナル発声法です。

 


23年間で33000人の心理セラピーワーク実績をベースにして、
ゲーム感覚で体感できるオリジナルのボイスレッスン・スクール
「Cosmic★Will」(下北沢駅南口徒歩30秒)を主宰しています。
 

◇11月5日生まれ
◇東京都出身

◆5歳~、ピアノ演奏を学ぶ。
◆17歳~、芸大出身の先生の元で発声法を学び始める。
◆20代~、日本一の売上を誇るプロデューサーの元で音楽表現法を学ぶ
◆30代~、日本人ボイストレーナーより発声法を学ぶ
+カナダの心理学ボイストレーナーより発声法を学ぶ
+コミュニケーション話法を学び始める。

 

1.声と心のつながりを知ったあの日

 

音楽が好きで歌うことが何よりも好きだった私は、憧れの音楽業界でAVEXに入社し、
管理職として多忙な仕事を続けるうちに摂食障害となり、
その後遺症から「歌唱時発声困難症」となり声を失いかけました。

 
もとの声を取り戻そうと、何人ものボイストレーナーを訪ね歩きました。
しかし、指導されることを素直に懸命に試すのですが、どうしても声が裏返ってしまうのです。

 

 

何人ものトレーナーに「力まないで」と言われました。
「力まないでって言ってるでしょ!」と強い言葉で指導されたこともあります。
 
力みたくなんかない。
力みたくなんかないけど、どうしてもそうなってしまうんだから仕方ないじゃない。

 
悔しくて悲しくて、自分が情けなくて、家に帰り一人になると落ち込んでいました。

 

 

仕事が終わった夜、練習スタジオを出て家路につくとき、月を見上げるたびに、回復の兆しの見えない失望感に何度嘆き、顔をクシャクシャにしてトボトボと歩いて帰ったことでしょうか。
 

 

どうして以前のように声が出ないんだろう。

 
諦めきれなかった私は、考え抜いて、悩んで調べて、最後に思い至ったのは、これは喉の問題じゃない、心の問題に違いない、ということでした。

 
 
それからの私は、これは、と思うものを片っ端から読みふけり、講座に足を運び、様々なアプローチからの心理学を学び、多種類の「心理ワーク」を習得していきました。
そして、ついに念願の声を取り戻すことができたのです。

 
 
ここに辿り着くまで8年の年月が経っていました。

 
 
私の発声を阻害していた原因は、子供の頃に厳格な父に押さえ込まれ抑圧された感情が行き場を無くしていた「心因性」からなるものでした。

 

私の父は、IQが異常に高く、経営者でもありました。
また、楽器演奏もできるし、ゴルフでは学生選手権の決勝に進出するほどの腕前。

 
何事もできて当たり前の環境で、厳しく育てられました。
 
  

DV、激しく怒りだしたら1時間くらい止まらない…。
誰かに助けてほしかった。

逃げ出したかった…。

 

 

もっと優しくしてほしい!
もっと甘えさせてほしい!
と言えずに育ったことで、抑圧されてしまったのが、私のインナーチャイルドなのです…。

 
そんな10代を過ごした私は、表向きはハキハキしていましたが、心の奥底では、どんどんどんどん委縮していってしまい、自分の殻に閉じこもるようになっていきました。

 

 

幼い頃からやりたいことを意思表示しても、いつも頭ごなしに全部否定されてきた体験…。

「(言いたい事を)飲み込んでは吐く、飲み込んでは吐く」。

 

これが私の心の状態の「正体」でした…。
 
 
 
 
幼少期からの抑圧されたネガティブ感情=トラウマ感情=の正体でした。

 

そして、私はそれまでの人生でずっと、「何を聴かれても2番目以下のことをハキハキと答える人」になっていたのです。 
1番大切なことや、1番伝えたいことを否定されることが恐ろしくて、飲み込んでしまっていたのです…。

 
 
つまり「心の在り方」の問題だったのです。
だから、ただの発声技術だけを教えるボイストレーニングでは、治すことができなかったのですね。

 

同時に、「発声法テクニック」だけしか教えられない、当時のボイストレーニングの在り方に、非常に疑問をもちました。

 


そして、「悟り」にいたる「エンライトメント心理学」の扉をたたき、「心理セラピーワーク」や「家族愛」「親密感」というテーマの学びを積んでいきました。

 
 
私が学んだことを正しく使えば、かつての私のように「心からのびのびと通る声で歌いたい」と願う人や、「もっと大きな活力のある声で堂々と」プレゼンテーションしたい、人に好まれる話し方をしたいと思う人を助けてあげられる!

 
 
そう確信した私は、心理学をボイストレーニングに活用し、内面の感情と声の状態の深い因果関係を読み解き、「心理学」「心理ワーク」「7つのチャクラ活性化」「氣功の丹田を用いたエネルギーワーク」「発声法」などを研究し、その人の理想の声を引き出す「オープンマインドボイス」メソッドをつくりあげました。

 
 
あの8年間を恨めしく思った日もありました。
 
でも、あの年月があったからこそ、多くの人に「思いが伝わる」声が出せる喜びを感じてもらうことができる。そのための試練だったのだと、今では神様に感謝しています。

 
 
いま、あなたの「声と心」が迷子になりそうなら、
あるいは、大切な思いを誰かにしっかりと伝えたいなら、
「オープンマインドボイス」が、きっと、あなたのお役に立てることでしょう。

 

 

 

2.「声」を変えると手に入る3つの技術

 
声を取り戻すと同時に、私は子どもの頃からずっと抱えていたネガティブな感情からも解放されました。

 

 

そして、管理職時代は厳しい上司として怖がられ、近づきにくかった私が、誰にでも自分から「笑顔」で話しかけるような性格に一変することができました。

 

父が私に要求したように、「できて当たり前」を、いつしか私も、他人に要求していたからにほかなりません。
そして、私は、「グループダイナミクス理論」という集団力学のエッセンスを、心理学のメンターから学ぶことになりました。

 
そして、「人がついてきてくれる=人徳とは何か?」を習得していく必要性を学びとり、現在、ボイストレーナーとして実践中なのです。

こうした紆余曲折を経て、私は!
顔の表情筋まで変化し、頰の筋肉がまるで三角筋のようにしっかりとニコヤカになり、見た目の印象まで違ってきました。自然に周りの人との関係もうまくいくようになってきました。

 

 

そして本当に好きなことを仕事にして伝えていきたい人や、1番大切なことを伝えたい人、1番好きな人に告白したい人を助けよう、と素直に思えるようになり起業しました。

最初は依存心からうまく行動できず苦労したものの、心理学で依存を手放すプロセスを経て、諦めず挑戦し続け、目標だった月商7桁の売り上げも達成しました。

 

 

8年もの年月をかけ、「私の声を取り戻したい」、と諦めず追い求めた結果、元どおりの声を取り戻しただけではなく、大切な次の3つの技術を手に入れました。

 

「心の在り方を整える技術」
「人と良い関係を築く技術」
「望む結果を得る技術」

 

つまり私は、自分の声を取り戻すために、ひたすら井戸を掘り続け、やっと掘り当てた時には、夢や目標を叶える方法という鉱脈まで同時に掘り当ててしまったのです。

「オープンマインドボイス」メソッドには、「理想的な声を出す」ということだけでなく、その人が本当にやりたいことを明確にし、「好きなことをビジネスにして起業し軌道に乗せる」具体的な方法も、組み込みました。

 

 

そして、いま、受講生の方々が、自分の声を好きになり、本当の望みを現実にするために歩み始めています。

 

 

オープンマインドボイス講師
しんけん美歌
 

 

 

略歴

 

●英米文学専攻

●競泳:東京都代表選手(高校生時)
●シンクロナイズドスイミング:全日本選手権 決勝進出者(大学生時)

●ピアノ奏者 兼 シンガー・ソングライター
●総合エンターテイメント企業Avexに10年間勤務。法務部門管理職。

●靈氣ティーチャー
●エンライトメント心理学 (日本ヒーリングセラピー研究所)

●クリスタルボウル・サウンドヒーラー®
●ミステリースクール

 

MOTTO

 

コミュニケーションとは、
人とつながりを作り、深め合う為のもの

人とつながり、関係を深めることが、
人生で成功する土台となるから。
人生で幸福になる土台となるから。

© しんけん美歌