◆【潜在意識開発】お金は心のあり方が1番最初!今こそ万全に備えよう


あなたは、「お金さえあれば解決できる」
と思ったことはありませんか?

私もあります!

確かに「お金があることで解決できる」ことや
むしろ「実現化できる」ことは、
たくさんありますよね。

・快適な家を手にする
・自分の夢を叶える
・自己投資

・車を手に入れる
・旅行を楽しむ

・子供の教育費
・家族でおいしいものを食べる時間を共有

「お金さえあれば(解決)できる」とか、
自信満々の感情とか、
「お金さえあれば(解決)できたのに…」とか、
悔しくなった感情の思い出とか…。




って、「お金がないからできない!」と
勝手に置き換えちゃってる人も
多いのではないかなと思います。

ですが、実は、
「お金さえあれば解決できる」には、
「心のあり方」が、

2つのポイントにおいて
好ましいあり方になっていないと、

「うまくいくものも、うまくいかない」
「お金をもっても浪費どころか捨てる」
ことになってしまうんですね。

つまり、
「お金をもつ」こと以上に大切なこと
があるんですよね。

「お金をもつ」以前に、
と言い換えることもできます。

「お金をもつ」ためには、
「心のあり方」が、一番最初に
必須な、備えるべき力なんです。

(※ちなみに、お金と心の関係をマスターすることが、
人生全般を丸ごと良くする能力として1番影響が大きい力です!)
当社比ではなく、データでもなく、体験談💖

「お金は心のあり方が80%」
「お金はマインドが90%」
と言われるゆえんですよね。

そこで、
オープニングから2つの質問です!

===

質問(1)
あなたにもありませんか?
「お金さえあれば解決できる」と
悔しい思いをしたこと。


質問(2)
だけど、
「お金さえあれば解決できる」は、
誤解だったんだ、悪い思い込みだった
と氣がついたことはありませんか?

===

さてさて、質問(1)では、
ほとんどの人が、Yes!という
体験をもっているのではないでしょうか?

質問(2)になると、
Yes!の人数は、少なくなるのでは
ないでしょうか。

しかも、「悪い思い込み」の「誤解」が、
具体的はどんなモノかは、人それぞれに
異なっているのではないでしょうか。

さて、
「お金さえあれば解決できる」は、
まやかしであり、幻想や誤解だったと
感じたことのある人であっても、

1人、1人、表現の仕方は異なることが
予想されますよね。

誤解していたという体験談の文章を
別の表現に置き換えるとき、
どんな言葉を使うか、
ばらついてくると思います。

今、私が何を伝えようとしているかを
最後までひっぱるつもりはないので、
ここで私の「別の言葉で表現」してみますね。

私なりの言葉ですので、
他の方とは異なるでしょう。

===
「お金さえあれば解決できる」は、
誤解だったんだ、悪い思い込みだった
と氣がつくということは、


そして、わかることができるとは、


「お金がない!という理由で
何かをあきらめる言い訳にはしなくなる」


という言葉となり、
心のあり方になりませんか?


「お金がないからできない!」
という回路も、考え方も
自分の世界から消滅する。


ということです。

===

ここまでの文章、伝わってますか?

たとえ、あなたが異なる意見や
感じ方、視野をもっていたとしても、
いいんです!

私の文章は、伝わっているでしょうか?

そして、
私の意図を、受け止めてもらえて
いるでしょうか?

こんにちは♪

33000人の人生の流れを変えた!

声と潜在意識のプロが教える

「声」と「伝え方」が変わるだけで
あらゆる悩みが消えて
自信をもって仕事も人生も思い通りになる


ボイスメンタリスト®美歌

です。

●今日のブログでは、
「◆【潜在意識開発】お金は心のあり方が1番最初!今こそ万全に備えよう」
について、ボイスメンタリストとしてお伝えしますね。

最後まで読むと、

・お金と、心のあり方とは
 どのように関連しているのでしょうか?


・特に「お金」という目に見えるものに
 表出しやすい「心のあり方」には、
 2つのポイントがある!

ということが、ぼんやりでも
わかるようになります。

今、わかりかけている人は、
ぼんやりから視界スッキリで
「心の視力が良くなる」ように

わかるようになるかもしれません。

「心の視力がよくなって
お金に対するお金の視界がよくなる」
ことで、読んだあとから、

今日から、お金を増やしていく行動に
移せるかもしれません。

■お金は「心のあり方」「心のエネルギー」と表現されるときの、2つのポイントとは?

1つ目のポイント)
「心のエネルギー状態が好ましい(肯定的)」こと

2つ目のポイント)
「心の器が大きい」こと

の2つです。

「お金さえあれば解決できる」とは、

「お金で解決できる能力をもつ人」
「お金の使い方を知っている人」
なのではないでしょうか?

「お金で解決できない人」がいる証拠に、
「高額宝くじ当選者」が、

かなりの確率で、破産していることですよね。

(※おまけに、大切な人といざこざとなり、
家族離散など、不幸を抱える人もいます。)

だから、
「お金の使い方を知っている」人は、
「お金で解決できる能力をもつ人」
なんです。

ところが、
「お金の使い方を知らない」人は、
たとえ、天から降ってきた
「高額宝くじ」を当てても、

当てる前よりひどい状態に
なってしまうということなんですよね。

「心のエネルギー状態」のほかに
「心の器が大きい」ことも
兼ね備えていないといけないわけですね。

さて、では私たちの、
「お金さえあれば解決できる」という
思い込みや、

ついつい何かのときに「お金がない!」
と落ち込んでしまうことにつながる

無意識に採用する考え方って、
どこから降ってくるんでしょうか???

やっぱり、
自分の成長過程での幼少期の出来事や、
親との関係、親子間の会話、

学校教育、世間の価値観から、
だったりするんですよね。

■私の「お金」に対する誤解の体験談を2つ

因みに、「お金で解決できる」ことは
冒頭にも書いたように、
たくさんありますよ!

私は、お金肯定派ですので!

私!

「お金で」と「お金さえあれば」は違う。

「お金があれば」と「お金がないから」は
反対語ではない、というお話を
お伝えしたいんですね。

但し、
体験談に関しては、個人的な
私の解釈による意見ですので、
心理学データではありません。

あなたにも人生の成長期に、
似たような体験があったら、
別の視野や、捉え方の参考に
なってくれればと願い

書いてみますね。

私も、10代、20代のときは、
とっても誤解していました。

「心の器の大きさ」となる、
見てきた世界や体験が、

親の教育や、
学校教育の場での視野の広さ(狭さ)
でしかなかったこと。

そして、
「心のあり方」が否定的だったからです…。

<1回目の「お金さえあれば解決できる」と誤解していた体験>

それは…。

私が突然、父から水泳を辞めろ!と言われ、
伸び盛りの10代の5年間を棒に振ったのも、

「スイミングスクール」に通うためには、
月謝を支払わないといけないからですよね。

10歳の私には、父に歯向かう以外の
「考え方」が備わっていませんでした。

親がお金を出して当たり前だったんかいと
突っ込みたいところですが、10歳です。

ここであなたに自分事として置き換えて
いただきたいという方法は、

「お金持ちだったら●●●(できたのに)」
とか、
「貧乏だったから●●●(できなかった)」
と思い続けないで、読んでみてほしいのです。

さて、本題に戻ります。

今はもう消滅しつつある、新聞配達を、
近所の母子家庭の同級生の男の子が
していました。

頑張って「お金を稼いでいる」ことは、
知っていたのに…。

実は、母子家庭とは言っても、
その子のお母さんの実父である
その子には祖父にあたる人が、
地主さんで蔵をもっていて、

お母さん本人がアパート経営している
母子家庭でしたが…。

だけれども、私は、
「そんなにお金に困っているんかい!
家計を助けてけなげだ」と、

ここも誤解していました。

そこらへんのサラリーマン家庭より
裕福でしょう。

つまり、今思うと、
裕福であっても「稼いでいた」んですよね。
何か、手に入れたいものがあったのかも
知れないです…。

<2回目の「お金さえあれば解決できる」と誤解していた体験>

それは…。

大学受験で、私が「音楽」を極めたいと、
音大を受験したい、行きたいと、
志望校を両親と話していたときです。

実は、高校受験時も音楽をやりたい
という話はしていましたが、

成績もよかったことから、
「せめて高校までは普通科の高校へ」
という親の希望ですね。

ただ、ここで今の大人の私は、
「音楽をやりたい!」と言って
親の注目を浴びて、
愛を得たかったのかもしれない。

普通の高校や、いわゆる受験校を受験して
落第したら、成績がいいという前評判が
あるのに、みっともないから。

と逃げる姿勢、「逃走本能」が
働いていたのではないかと反省しています。

ありませんか?
あなたも、中間テストや、期末テスト、
受験から逃げた経験…。

日本国の10代の子供なら、
必ず通る「関門」「関所」が
お受験ですからね~。

本題に戻ります。

私は、水泳の道を閉ざされたあと、
「人生を前向きに生きる希望」として、
音楽、声楽の道を志望していました。

父は、「自立した男の大人」として、
「養われている依存状態の娘」に対し、

「父が望む娘の生き方」を
強要(指導)するわけですよね。

どこの家庭でも起こる話です。

そして、
何故、話がもつれるかというと、
「私立はだめ、お金がかかるから」
とか、

「芸大を現役で合格できないなら
諦めろ」

と言われたからではありません。
言われたんですけど…。

法律の本を買ってきて、

「東大の法学部を卒業して、
女検事になれ」

とか強要するわけですよね。

女検事?

何、その三文字の言葉?

私からすれば、
もつれにもつれた父娘間の
葛藤感情の上に、

「へ? それ、誰のこと?
え? 誰の人生ですか?」と
どっちらけ~になるわけですよね。

(このころの私は、本当に「逃走本能」を刺激され、
それでも生きるためには、逃げられないの葛藤の連続。
父に追いかけられて、挙句逃げられない、を夢にまでみました。
蒸発癖もありました。
涙)

このとき、私の通っている学校が
私の世界の大半を占めていますよね。

周りのクラスメートの中に、
帰国子女で、音大志望の子がいて、
「OK,OK,行きなさい!」

と、楽しそうに音大受験をする子が
いたんですよね~♪

って親から応援されている子を見て、
さらに「比較」で落ち込むわけです。

この時の比較は、
「私」と「クラスメート」の比較ではなく、
「私の親」と「クラスメートの親」の
比較ですね。

つまりは、
他人の家庭に生まれたかったという比較です。

話が長くなりましたが、
このときに、私の人生で
2回目の「お金があれば解決できる」
という誤解が起きました。

だって17歳後半ですからね。

あ~、確かに私立の音大はむちゃくちゃ高い。

芸大を現役合格するほど英才教育して
1日7時間も演奏練習を積み重ねてきた
器でもない…。

「自分の実力」を「視野から削除」して、

「私立の音大の学費があれば」解決できるのに!
と、まあ、17歳では
「お金のせいだ!」「父が反対するせいだ!」
となすりつけるわけです。

いや~、どんな人であっても、
「子供の立ち位置」にいて
考えている限り、
成長はありませんよね。

親の立場にいて、親の立場に立って、

子供を私立の音大に入れて、
学費を支払うなんて言うのは、

ものすごい離れ業な額なんだ。
って、理解できるようにならないと
いけないんですよね。

しかも、
お受験資格を得るためには、
ずーっと勉強し続ける環境を
子供に与えてあげないといけないからですよね。

本当に、親には感謝、感謝ですよね。

だって、「親自身」にも、
「個人的に叶えたい夢」は、
あるはずなんですよね。

あ~、お父さん、ごめんなさい。

■「お金は心のエネルギー」の2つのポイントは、「心のあり方が肯定的で未来思考」であり、「心の器が大きい」こと。

さて、では、
「心の器が大きい」とは、
具体的にはどういうことでしょうか?

それこそが、
「宝くじを当てても、破産する人が大半」
になっている統計上のデータを

覆すことができる、大切なポイントです。

具体的に「実生活に置き換えて
実践する方法」が、5つあります。

「お金に対する心の器を大きくする5つの方法」とは?

6人様限定!
「お金に対する潜在意識開発に特化した」
セミナー体験&個別相談会

にて、伝授しますね。

明日、9月30日(水)、昼12時から
募集を開始します。

3日間限定で募集します。
9/30 昼12時 ~ 10/3 昼11時59分まで
です。

【開催予定日】
2020.10/18(日)と 10/19(月)の
2日間で、おひとり様90分ずつ。
合計6名様を「予定」しています。

しかも、個別なので、
今、あなたが立っている場所に
置き換えたり、踏み込んだりして
セミナー体験することが可能です!

「自分人生株式会社の経営者になる
潜在意識をもちたい!」人、

「お金に関する心のエネルギーや、
潜在意識をクリアリングしたい!」人
は、

「潜在意識開発に特化した」
セミナー体験&個別相談会を、
楽しみにして参加してくださいね!

理想の未来を手にするのは、
誰のためでもありませんよね。

あなた自身のためですよね?

あなたにとって価値のある理想の未来で、
あなたが笑顔になっていることを
心から強く強く祈っています。

そして、
今日が残りの人生で「一番若い日」!

「今すぐ手を打つ!」
「行動しよう!」

それが、自分の夢を今から叶える
最短の近道だ!
と氣づいた方は、

人生の流れを激変させる体験レッスンに
飛び込んでみてくださいね!
(※こちらは、潜在意識だけに特化せず、
ボイスレッスンの体験も受け付けています♪)

人生で夢を叶えて上昇させる
「お金のマインドブロックを解消するワークショップ」
も提供しています。

「体験レッスン」のお申し込みはこちらから♪

今日は以上です。

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました。

体験レッスン会のお申し込みはこちら

400