◆【声、伝え方、歌い方のポイント、順番】誰に一番伝えたいですか?(恋愛編)


あなたは、普段から
あなたの声、言葉、歌、メッセージを
誰に向けて伝えていますか?




誰に伝えたいですか?




あなたは、「誰に?」を意識して
声を発し、言葉やメッセージを
伝えている人ですか?

あなたの伝えたい「想い」を
この世の中で、現実界で、
物質界において、エネルギーとして

伝えていくコツがあります。

ポイントは、3つありますが、
ご存知ですか~?

こんにちは♪

33,000人の人生の流れを変えた!

潜在意識のプロが教える

「声」と「伝え方」が変わるだけで
あらゆる悩みが消えて
自信をもって仕事も人生も思い通りになる

ボイスメンタリスト®美歌

です。

今日のブログでは、

『◆【声、伝え方、歌い方、潜在意識】
誰に一番伝えたいですか?
声のエネルギー、言葉、歌、メッセージを誰に伝えたいの?』

と題して、

あなたの「想い」という
物質界では見えないモノ、
可視できないエネルギーを

伝えていくためのコツを
ボイスメンタリスト®として解説しますね。

最後まで読むと

●基礎として、初歩クラスとして
 3つあるポイントのうちの、
 1番最初に取り組む順番のポイント

が、わかります。

1番最初、とお伝えしているのは、
「正しい順番」として
「真っ先に明確化する」
という
意味ですよ~♪

自分の潜在意識の言い訳とか、
めんどくさ~い!から
後回しにして

2番目は? 教えてよ!
ってやってると、


ビル建物で言う基礎の土台が総崩れ
してしまいますからね~。

◆誰に一番伝えたいですか? ⇒ 声のエネルギー、言葉、歌、メッセージを誰に伝えたいの?

ブログのタイトルにもあるように、
あなたの情熱や想い、
目には見えないエネルギーを

「誰に?」伝えるの? 伝えたいの?

が、一番最初のポイントです。

例えば、
家の中でエアコンやTVをつけたいとき、

「リモコーーーーン」

と叫ぶときの「リモコン」は
「何を」というメッセージではありますが、

その「リモコン」という言葉を
「誰に」言ってるのかわからないと、

その家に家族5人が在宅していても、
「伝わらない」のですよ~♪

わかりますよね?

「お父さーーーん、リモコン知らない?」
と叫べば、(別の部屋にいるとして)

5人いる家族のうち、
「お父さん」と呼ばれる人は
反応します。

返ってくる言葉は知らないですけど。

・反応しないで無言
・知らん! と返す。
・目の前にあるだろ~。

・いや~、悪い悪い、
 いつものところに戻さず
 リビングの窓辺で電話してたから
 カーテンのところに放置した。

とか、なんとかね。

◆何故、「誰に?」が1番最初のポイントなの?

今お話ししていることは、
あなたが普段の家庭内の会話でもいいですし、

仕事場での会話でもいいですし、

歌や、スピーチやプレゼンテーションの
身近な場面を想像してもらえると
わかりやすくなると思います。

人は、傾向として、
「何を伝えたいか」
「何を伝えようか~」と
とっさに考える癖があります・・・。

だけど、
よぉ~く考えるとわかりますが、

「何を伝えたいか」によって、
「誰に伝えたいのか」という部分が
より明確にわかるようになるんです。

「伝えたい内容(何を)は、
 どんな人(誰)に伝えたほうが

 より効果的なのか」なんです。

一見、考えるときに、
「何を」を考えてから「誰を」に
するという2番目でも良いのでは?

と、混同しそうなんですが、
そうではないんですね。

別に規則ではないので、何を
を最初に考えてもいいですが、

より効果的に「伝わりやすくしたい」
という情熱エネルギーのある「想い」は、

「誰に」が、一番最初で一番大事
なんですね。

●あなたは、「愛の告白」という「ラブメッセージ」や「好き好きエネルギー」を、「誰に伝えますか?」ということです。

もし、あなたが
「誰でもいいや」
「彼女になってくれるなら
 どんな人でもいいや」

という類の人なら、
あなたの「誰に?」は「誰でもいい」
というエネルギー状態なんです。

いい悪いというお話ではないですよ。

「結婚できればどんな男性でもいい」
という類の人なら、
あなたの「愛をはぐくみ家庭を築く」
というような想いのエネルギーは、

つまり、あなたの「誰に?」は、
「誰でもいい、男性なら」
なんですね。

ですが、対象と呼ばれるターゲットの
「誰に?」が明確になるほうが、
「愛のエネルギー」を伝える対象となる相手

が、固定化されて
放射されていきませんか?

自然と、
一点集中、一人にエネルギー投下
できるようになりませんか?

つまり、「誰でもいいや」という状態や、
「すべての人が対象です」という状態や、
「みんな~!」というエネルギーは、


あまりに漠然として、エネルギーも
散漫してふわふわして定まらない状態だから、

「誰にも伝わらない」よ!

ってことです。

弊害:
①自分自身のエネルギーも散漫としていて
「誰でもいい」というような「みんな」状態なので、
定まらない。 


だから、自分のエネルギーの自分軸が
定まらず、固定、強固にならない。

②目に見えなくても「自分以外の第三者」という
外側に放出して伝搬するエネルギーなので、


「対象となる的を狙う」一本の矢として集中させれば
伝わりやすくなる。のに
「あいまいにしている」から放てない、
飛んでいかない、いつまでたっても
散漫状態のまま変わらない。


んですね。

目に見えない「好き好きエネルギー」を

全世界77億人の人に向けて一度に
発信できるような、ずば抜けた能力が、
あなたには備わっているんでしょうか?


新生児から棺桶手前の人でも本当にいいよ!
という全対象者という「漠然とした散漫エネルギー」
でも、届けられるスバ抜けた発信力がある人なら別です。

「誰に?」を定める、決めることができれば、
たった1人の人へのエネルギーに
集中させることができますよね。

家庭を築く相手は、法治国家なので一人です。
ですが、ビジネスだって、「誰に?」
は大切なんですよね。

ビジネス、商売、サービスだって、
お客様に向けたラブレターなんです。

いや、もちろん「好き好きエネルギー」って、
そこかしこで、観察して入れば
見えますよ。

・好きな人の顔をみると頬が赤くなる
・その人のことを考えているだけで
 ニマニマしちゃう。

・胸がしめつけられる。
・その人にだけ、ツンデレする。

・明らかに扱いが優しくなる。

という具合に、見ようと思えば
エネルギーは見えます。

声のトーンなんて、あからさまに変わりますよね。
好きな人に話すときには、「明るく軽く楽しそう」
に、自然になりますよね!

好き好きエネルギー光線は可視光線じゃないけど、
雰囲気や感じや、表現の仕草に「表出」しますよね。

で、結果、ゴールインするのか破局するかは
全く別問題ですよ♪

だから、「No!」と言われたとしても
それは、「自分の範疇外」の
問題として、手放しましょう。

相手を邪念から、洗脳のように
「自分に無理やりふりむかせよう」
というエネルギーになると、

当初の「純粋な好き好きエネルギー」は
消滅してしまいますからね~!

私たちのコミュニケーションも、
言葉も、歌も、スピーチも
「相手ありき」で飛んで行った先は、


自分一人ではコントロールできない
相手の範疇の問題ですから、
自分の範疇外なので、
結果については手放したほうがいいんですよね。


(注:自分が氣持ちよく歌えればいい
エネルギーの人は、そういう歌になります。

伝えたい相手がいる人の愛の告白には、
魂がこもります。

自分だけでいいエネルギー状態なのか、
相手ありきだから伝え方や愛し方や、歌い方を通して精進したい人
なのかによって、エネルギーやこもる魂は変わりますよ♪)

相手にも選択する権利があるし、
好みがあるからなんですね。

はい!
誰にだって「好みがある」(嫌いもある)という点がみそですよ♪

●「誰に」がわかれば、「好み」がわかるから、一番最初にね!

愛を伝えるとき、
ビジネスで商品やサービスを
伝えるとき、

家庭内でリモコンどこ?と
伝えるとき、

「誰に?」がわかれば、
より効果的な伝え方がわかる。

んですよ。

だから、「1番最初に」なんです。

「え?」
どーゆーこと?

それはね

相手の好みや傾向に合わせた
「伝え方の違いがあるよ!」ってことです。

誰にでも一緒の伝え方じゃ
伝わるものも伝わんないよ!
ってことなんですね。

例えば、大谷翔平選手も相手次第で
球の投げ方(恋愛でも、ビジネスでもプライベートでも)
は変えますよ!

大谷翔平選手は、豪速球は
大リーグのキャッチャーのミットに向けて
打者に打たせない目的で投げる。

けれど、
プライベートで子供に対しては、
剛速球なんて投げないですよね。(多分…)

野球に興味を持ってほしいなら、
わざと打ってもらえるように投げる
という演出もするでしょうし…。

「相手ありき」に気づけば、
「相手への伝え方を
 どうすれば効果が上がるか?」

「相手の好みは何か?」
「相手の悩みは何か?」
が、わかるようになるからです。

椎間板ヘルニアの相手と知らずに、

日本料亭です、
畳の間です、
正座してください、

歴史ある料亭なのでお作法もそれなりに、
味はとってもおいしいです、

という場所でデートしてやるぜ!と企画提案しても、
「いや、だから椎間板ヘルニアなので」
辛いから嫌です!

って、言われるだけです。

で、往々にして、たいていの人は、
「断られた」
「俺/私 のこと嫌いなんだ!」
「拒絶された!」
って

誤解して、思い込んで、以後の人生
決めつけちゃうんです。

ちゃうやろ!

「椎間板ヘルニアだから
日本間の畳の上は、

正座でも、体育座りでも、
辛くて辛くて、拷問です!」

というだけのことなんですよね。

だから、相手の好みが
「イタ飯」なら、
すっごーーーーーくおいしい
イタ飯屋さんを探すんですよ。

で、
デートの取り付け方だって、

いきなり「好きです!つきあってください!」
って言わないの。

「あなた、誰?
私たち、初対面でしょ?」

ってな感じです。

だから、
「誰に?」「何を」なんです。

「何を」「誰に?」の順番では
射止められるハートも
射止められなくなりますよ、
というお話でした~。

もっと詳しく知りたい、
愛の告白の仕方とか、
その前に親しくなる方法とか、
会話の仕方とか、

・歌が伝わりやすくなる歌い方
・スピーチが伝わりやすくなる話し方、

って、

詳細には「16項目」あるんですが、
「今、現在、対象者がいる!」
っていう人は、

是非、レッスン体験会に参加して
みてくださいね!

「今」対象者がいる人は、
「今」手をうったほうがいいので、
先延ばししないほうがいいですよ~!

今日は、以上です。

明日は、「何故、誰にを決めると
伝わり方のエネルギーが変わるのか?」
のメカニズムについてお伝えしますね。

お楽しみに!

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

体験レッスン会のお申し込みはこちら

400