◆【歌、音楽、発声法】音程がとれない?わからない?耳音痴?と思ったら…


人の話を聴くようにしましょう。

え?

今、【歌、音楽、発声法】のお話をしています。

もしかして、自分は
「音程がとれない? わからない? 耳音痴かな?」
と思ったら…。

人の話を聴くようにしましょう。

こんにちは!

潜在意識の一番奥にある声にアプローチして
自分にも相手にも影響力をもち
仕事もお金も願望実現も思い通りの人生になる

ボイスメンタリスト®美歌です。

金運を上げる!人生オモシロ心理学
シリーズを、連日お届けしています。

今日は、音痴には2つのタイプがあり、
そのうちの1つである
「耳音痴」と呼ばれる症状について
シェアーしますね。

「耳音痴かも?」は
ご本人にとっては、とっても切実な問題。

歌が好きな人だったら、
感受性がビクビクして
繊細になっちゃいますよね。

遺伝かもしれない?
難ありかもしれない?
という疑いはあるけれど、

宣告されたくない人に向けて
シェアーします。

耳音痴かもしれない人の
自分への疑いの解決確率を
高める方法の中の、1つをお伝えします。

「解決策」をいろいろと素直に
取り入れて試してみる姿勢、力である
「自己解決能力」は

「お金の自己解決能力」という
「金運」にもつながっています。

あなたは、金運をあげた近い将来、
どんな自分になっていますか?

☑ 潜在能力を発揮して才能の花を咲かせている

☑ 自分の好きなこと、やりたい分野で活躍して
  仕事にして収入を得ている

☑ 自分の強みと適性のある分野をお金にしている


☑ 願望実現して、ますます金運が上がっている

◆まず最初に:

「金運を上げる!人生オモシロ心理学」
のさなか、何故、耳音痴のことを
題材にしたのでしょうか?

歌好きの人たちの中で、
似たような悩みをもっている人に、
やりたいこと、好きなことを
諦めないでほしい。

というメッセージを届けたかったからです。

だって、私だってあきらめたくない。

だから、人の氣持ちもわかります。

今日は、「歌」好き大国、日本人なら

誰もが大好きな、カラオケ、
歌うことについて

最も大事な「正しい音程をとる」
ために必要なブログ記事を書きました。

歌好きな人が、みんな歌を歌える
人であってほしい。

自分が歌を楽しむことから始めたけれど、

やっぱり誰かに聴いてほしいな。

聴いてほしいな、となったら
「歌唱力」「技術力」を
磨かないといけないですよね。

脱落せずに、
それぞれのスタイルで、
自分の能力を諦めずに
歌を歌い続けてほしいんです。

その先では、自分のもつ実力の現実と
理想とのギャップに悩むこともあるでしょう。

聴かせるレベルになろうと思ったら
思っていた以上に、もっと時間もかかることでしょう。

そして、そのさらに先にある、
「歌で何かを人に与えられるレベル」
にまでなれるかどうか。

歌が大好きな人へ。
そして、歌を大好きでい続けたい人へ。

私からの「少々辛口」のメッセージです♪

◆耳音痴かな?と思ったら、人の話を聞こう

音程をとることに難がある?
と、実は言われたことがあるんです…。

そっか~。
そうなのか~。(告白された側)

何とかしてあげられないかなぁ。
役立つことがあれば
示してあげたいよな~。

自分が耳で聴いている
「他人の歌声のメロディーの音程」が
わからない。

自分ではあっているつもりだけれど
自分が歌う時に、声を出すと、
違う音になっていることがわからない。

インプットの聴く力に難があるの?
アウトプットの出す力に難があるの?

例えば…。

連日、胃が痛くて、
胃潰瘍って言われるのは嫌だな。

もうすぐ健康診断だな。

胃潰瘍って、それ、胃がんの手前でしょ。

そう宣告されるの嫌だな。

だから検診受けたくないな。

っていう気持ち、すんごく
よくわかりますよね。

え?
音程があってないの?

嘘~!涙

音痴って診断されたらいやだな。
うーん。

という、「宣告」を恐れたり
「結論づける」のって怖いですよね。

イヤ~、ですよね。

だって、歌が好きで歌いたい場合、
宣告されたからといって
「歌うことをあきらめたくない」
っていう気持ちが、出ますよね。

ここで、音程をとることが苦手な人、
出した音が出すべき音の高さより
ずれている人の場合・・・。

傾向として、
「人の話を聴いてますか?」
なんです。

え?

どういうことですか?

「人の話をしっかりと聴いて、
返答していますか?」

ここまでくると、
小学校の国語の時間になりそうですが。

だけど、結構私たちはやっちゃってます。

かいつまんで勝手に簡略変換する癖?

人の話を遮らないで聴く癖。
は、とっても大切ですね。

これは、例えばの話ですよ。

「人の話を遮る癖のある人は
耳音痴の疑いがある」という
文章の逆構成は成立しません。

◆文章の逆構成をする癖を手放そう。

私たちは、親や学校から教育を
受けるときに、

「🐄は牛」です。
「牛は🐄」です。

を強要されて、学習するんですが。

「私の父は男です」
「男は私の父です」

は、成立しないことが、よくわかりますよね。

ってことなんです。

人の話を言葉通りに素直に聞く癖。

「AならばBです」

と話をされたときに、

「へ~、じゃあBならばAなんだね」

と反抗心むき出しで文章の逆構成
誤解釈変換をしていないか?
と氣づくようにしましょうね。

いや、反抗心なのかどうか
わからないですが、
反抗心ならば、
それは両親に対して?

先生に対して?

あなたを幼いころにいじめた人に
対して?

ってな具合に、潜在意識と
関わってくる人もいるかもしれませんね。

私の場合も、父親に対して
反抗心むき出し無条件反射をしていた時期
がありましたので、笑い事じゃないんですよね。

自分の心を守りたい防御もあります。

しか~し!
心理学を学んで氣づいた時点でやめました。

いちいちつっかかるのって疲れますし…。

あるいは、
「素直に答えるたびに
厳しい親に否定されてきた」から
はぐらかす癖があるのかもしれません。

詳細の解決策は、本講座で伝授しています。

本題に戻しますね。

「A☞B]は「B=A」
じゃないよ、「B☞A」
でもないよ、ということです。

人のお話を聴く力は
とってもとっても大切です。

これを、専門用語で
「刺激等価性対称律
( Symmetry in Stimulus Equivalence)」

と言います。

はい、サクサク、次にいきます。

◆音を聴く、人の話を聴く、とは?

やはり、伴奏音楽を聴き、
それに合わせようとする力を
養うように、

普段の生活の中でしていくことが
大切ですね。

自分の部屋の中でも、自分の外側や、
街の中、会社の中などで流れている音。

ちゃんと聞く癖をもっていますか?

雑音や騒音には、耳をふさいで構いません。

隣で寝ている人のイビキや
鼻息が気になる聴力の人は、
別室で寝ましょう。

少し脱線したので、
話を元に戻しますね。

聴き取る力。

人の話を普段からしっかり聴いて、
受け答えをしているか。

コミュニケーションがずれていないか?

ってことです。

「聴いてるふりして、頭の中に
はいっていない」状態は、

人の話を聴いていない。

ということになります。

例えば…。
「動画A」を見ました。

「動画A」を見た後、
「あなたはこの動画を見て どう思いましたか?
何を感じましたか?」

と聴かれたそばから、

じぇーんじぇん関係ない話、
「動画Aの中では語られていない内容」
をもちだして、

無理やり関連づいてるかのように、
話を返したり、答えていませんか?

「動画A」の中で語られていたこと、
事象、特定の人物ならその人物

以外のことをもちだしてきて
答えていませんか?

これ、「人の問うてる内容」を
しっかり把握しようとして、
聞きとっていますか?

という癖をつけましょうね。

例えば…。

・うまくいっている姿となる「●●」をイメージして
 やってみましょう~!

と伝えられたそばから、
・できないイメージしか浮かびませーん!

というのも誤変換です。

「うまくいっている姿」だと
聴き取って、その通りをイメージする
力を養いましょう。

というのが解決策、解決確率が
上がる1つの方法です。

他人の指示通りに動くとか、
他人の言いなりになるという
ことはお話していませんよ。

変換しないでね。

例えば…。
「人物A」のお話を題材にして
「人物A」が成功したポイントを
教えてもらったあと、

何を感じたか?

と問われたときに…。

じぇーんじぇーん関係ない
「人物Z」の話をする癖が
あなたにはありませんか?

ということですね。

これ、問われた内容を返す以前に

・自分の知りたいことだけ知りたい!
・自分が話したいことだけ話したい!

というマインドの先走り癖?が
出てしまうからかもしれません。

大丈夫ですよ。

問われた内容に答えたあとに、

「この内容とは別で、
●●について話したいですけどいいですか?

時間はありませんか?」
と、お話を続けましょう。

思い当たった方は、
今日から、
「人の話を聴く」という

意味を取り入れて、
生活の中で留意しながら
改善対応して実践していきませんか?

◆聴いているようで聴きたくないの、受け入れたくないの、受け取れないの、というマインドブロック癖があるかも?

人の話を受け取れないという癖は、
まるで、カメラのピントが合わない、
ずれる癖につながっていませんか?

可能性として、お金すらも受け取れない
癖になっていませんか?

遠慮することが美徳だと勘違いした癖で
せっかくの機会(チャンス)を逃していませんか?

その機会(チャンス)が、のちのち
お金に変わったかもしれない時間を
受け取らなかったのかもしれないと思ったら、
悔しくならないですか?

やってもうまくいかないかもしれない不安より
やればうまくいったかもしれないせっかくの
チャンスを逃すほうが、怖くないですか?

もし、今あなたが、
自分のもって生まれた才能を伸ばしたい!

適性や強みを伸ばす習慣に変えたい!

正しいやり方で正しい順番で
金運を上げていきたい!なら…。

心の気持ちと、頭の考えと、
身体を動かす3つを一致させた
自分に生まれ変わりませんか?

私と一緒に二人三脚で
願いを叶えて理想の未来を実現しませんか?

☑ 専門家に相談して、今すぐ解決したい!

☑ 道に迷ったときに、尋ねる相手がほしい。

☑ 根本解決の近道だから!

☑ その先の夢にたどりつきやすくなるから
  その先の理想の未来で願望を実現していきたいの~! 

「自分にあった最適な習慣」で
理想の未来を今、生きる!
ことにピン!と来たなら…。

ボイスメンタリスト®メソッドで
あなたの潜在意識のあり方を改善して

金運をどんどん上げて、
月収を10万円アップしたり
望む成果や未来を手に入れませんか?

思い通りの人生を歩いていきましょう♪

=====
ご安心ください!

1.
ボイスメンタリスト®メソッドでは、
「完全在宅受講可能」スタイルを
用意いたしました。

2.
「会話形式によるセッション」スタイル
の「潜在意識プログラム」を用意いたしました。

(※歌う、話す、演技するなどの
「大きな声を出す」必要なし
 ※ボイスレッスンは声を出します 笑)
=====

ご希望者には、事前に
「今現在のあなたの脳内会話がどうなっているの?」
という心理学診断チェックを行い、

1.「診断結果」という現在地を知り、
2.未来へ向けての「改善法」を
「レッスン体験時間内」に、お伝えしますよ。

あなたの人生が変わるきっかけに
ボイスメンタリスト®メソッドが
きっとお役に立てるでしょう。

長くなりましたので、今日はこのへんで。

今日のブログがあなたの人生の中での
活用化につながれば嬉しいです!

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございました♪

体験レッスン会のお申し込みはこちら

400