◆【潜在意識の声】やりたい vs やる


☑ 絶対にこれだけはやりたい!
  やり残したくない。

☑ 「やる!」と決めました。

今日は、
「やりたいこと」がある人と、

「やる!」と決める人、
「やり続ける!」と決める人に向けて
ブログを書いていきますね。

何故かと言うと
「やりたい」と「やる」の間には

「潜在意識の声」として湧き出てくる
大きな大きな差があるからです。

こんにちは!

ボイスメンタリスト®美歌です。

あなたは、「やる!」と決めたことを
花開かせていますか?

やり続ける時間の中で
どんな素晴らしい何かを「実感」していますか?

☑ 潜在能力を発揮するとはこういうことかと
  実体験していて楽しい。

☑ 自分の人格や人間性が向上してすごい!

☑ 成就させていく過程を通してともかく
  一段も二段も自分の世界観が変わった!

◆やりたい vs やる

今日のお話は、
「やりたいことがある」人と
「やる」と決めたい人、決めている人です。

さて、
「やりたい」という欲求があるだけで
まだ何も動いていない人、
決めていない段階が

「やりたい」

です。

そして、実は心の罠に氣づいていません。

「いつでもできるや…」と思っています。

「やる」というのは、決めた段階以降
の境地や行動の中にいる人です。

「やっている」という人は、
もう既に「やりたい」ことを
「やる」と決めて、

歩き始めた後の過程です。

「やり続けている」人は、
やりたいことをやるに変え、
これっきゃないからずっと続けて
進化成長し続けている人です。

「やっていること」を通して
自分自身や人生をレベルアップさせ続けています。

心や思考の状態が「やりたい」のままだと
目の前に広がる世界への道には、

まだ何も障害物はでていません。

まっさらな道のように見えます。

「やる」と決めた人の目の前の世界には、
「決めた」途端に、障害物が出てきます。

不思議ですよね。

それは、世界四大言い訳として有名な
障害物として出てきます。

「お金がない」
「時間がない」
「自信がない」

「今じゃない」

私自身も、そうやって
大切な自分の人生の時間を

無駄に先送りしてしまったことを
反省しています。


だって、後がますますなくなるのに
それすら見えないふりをしていました。

私の場合は、特に
「自信がない」でした。

「外見」と「実力」という「自信がない」。

先送りすればするほど
ますます「外見は加齢」するので
「自信がなくなっていく」のに、見えてない…。

(声も確実に老化します)

また、声が出なくなった時期もあったので、

「まったくの自信喪失」
「人生への絶望」

に近いものがありましたね~。
(シミジミ)

そうやって時間が経過するうちに
今度は、

「美貌やルックス、スタイルの良さ」だけ
「外見」のすべてだと思っていたのに

「老化」「加齢」というのも
「外見」という言葉の意味に
含まれるようになり、

「自信がますますなくなる」という
年齢を重ねてしまいました。

いや~、恐ろしや…。

今は、自己肯定感を高めて
「老いない人なんてこの世にいない」
ので、加齢を華麗に受け入れました。

円熟味!

って言い変えてます。

今、「やりたい」と「やる」のはざま
にいるあなたは、どんな障害物が
目の前に現れ始めていますか?

表出…。

障害物を見たくない人や、
障害物を見て苦しくなるのが嫌な人は、

「やりたい」のままにして放置し
「やらない」という道ですよね。

本当にこれっきゃない!という
熱い想いがあって、「やる氣」がある人なら、

やっぱり先送りせずにや「やる」と
一歩を踏み出すしかない。

いや、だって、それ以外の道は
ないですよね~。

ここで、自分の内側から何かが出てきます。

潜在意識の声を聴くかのように
「言い訳」が出てきます。

言い方を変えると「自己正当化」ですね。

厳しいことを書いてますか?

、私の中の父性性の厳しい愛
書き進めています。

目ざわりや耳障りのいいことだけの
上っ面なことを書いても、

氣にさわらない甘いことだけを書いても
読んでくださる人も、私も、
何の進化成長もないからなんです。

◆何故、障害物や言い訳が出てしまうの?

さて、何故
「やりたいことがあって、やる」と決めて
声に出して言葉で言うだけのことから、

人は「言い訳を理由」に
逃げてしまうのでしょうか。

それは、本能です。

逃げてしまう人が悪いわけでも
何でもないんですよね。
本能の反応だから…。

脳科学的にも心理学的にも
「昨日までの自分と同じ安心・安全を
変わらず維持しよう」
という

現状維持機能が働いてしまうからですね。

何か危険なことを察知したときの
「種の保存」という本能には、

・逃走本能
・闘争本能

の2つがあります。

そして、人には
「目の前の痛みから逃げて、快楽を求める」
という習性があります。

でも、「やりたいことをやる」
だけなので、死ぬことはありませんよね。

苦しいけれど…。

未体験なことだから「難しそう」
に映るかもしれないけれど…。

さて、
「言い訳」が出てきたとき
苦しくなりますよね。

心や体や頭の反応が苦しさとして
出てきてしまう。

いや~、生きてるって証拠ですね。
(ツクヅク)

ところが、やりたいのに、言い訳を
抱いている限りは、前に進めない。

進めない自分を見て、また
余計に苦しくなりますよね。

避けては通れない障害物が
言い訳として出てきました。

さあ、どうする?

実際には、物理的な障害物はないのに
心境として「言い訳障害物」が
表れたように錯覚…。

脈拍が上がっている状態?
息が苦しい? 身体のどこかが痛い状態?

ちょっとした緊張状態になりますよね。

あ~、このストレスから逃げたい。
楽になりたい!
だったら、やめちゃえ!

なかったことにしちゃえ!
っていう反応が出てきませんか?

お腹や胃のあたりがヒリヒリする?

ズキンズキンする?

頭や心が重苦しい感じ?

ともかく、こういった心や頭や
身体の反応から、逃げたいですよね。

●私の場合:(体験談を聴きたいという人がいるので…)

私の場合は、「加齢した自分」
さらして今更人前に出ていったところで

世の中が私の「歌」や「やっていること」を
受け入れてくれるのかという
自信が全くないので、止まりました。

動けなくなりました。

日常生活はしていますが…。

ここで、
・世の中とか私の外側の人や何かの事情

・自分自身の存在価値
を分けました。

って、外側のすべての1つ1つと私は
別々のパーツなんだと、
心理学を学び取りながら
理解していけました。

そうやって、
私自身以外の外側の理由
解決していきました。

課題の分離ができるようになりました。
同一視しないってことですね。

視点が高くなるってことですね。

そして、
「なーんだ」
「そんなことで時間を空白にして無駄にしたのか」

と猛烈に反省。

さて…。

今、あなたの心や頭、体に
昨日までと同じことを繰り返そうとする
「現状維持機能」反応は出ていませんか?

「お金がない」
「時間がない」
「自信がない」

「今じゃない」

楽な自分に引き戻そうとする
「抵抗」となる「言い訳」って
何が出てきていますか?

1つずつつぶしていきましょう。

「どうしたら解決できるか?」
って考えて…。

あなたは「やりたい」から「やる」へ移行する
賢者タイプの人ですか?
「やる」を「やり続ける」に変える

賢者ですか?

~~~
<ボイスメンタリスト®美歌のミッション>
95%の潜在意識(無意識含む)を
味方につけて動かし、

誰もが自分の心を自由にコントロールする
マスターになり

制限のない人生を送る毎日と社会を実現する
サポートを行うこと。
~~~

今日は以上です。

最後までおよみいただき、ありがとうございました。

体験レッスン会のお申し込みはこちら

400





error: Content is protected !!