◆「老後の生きがい探し?」と言われ頭にきました


いきなり質問です。

☑ あなたは小中高大生の頃、
  夏休みの宿題をいつやって終わらせる人でしたか?

この回答で、その人のある傾向が見えてきます。

あなたは、実際問題、いつやる派でしたか?

そして、いつ終わらせる人でしたか?

私ですか?
私はいろいろでした。

精神的にうまくいっているときは、
結構早くからやっていたほうだと思います。

無邪気に楽しくやっていたこともあります。

親から促されてやっていたこともあると
思います。

また、
精神的にうまくいっていない反抗期は、
全無視したこともあります。

課題読書すらしなかったこともあります。

高校生2年生のときなんて、
夏休みの最終日近くになって、
優等生さんの回答を丸写ししたくて

友達に電話しまくって焦ってました。

結局、自分で自分の力を育成していないので、
うわべだけ上っ面を整えようとするだけの
ブザマな自分のアガキですよねぇ。

あなたの夏休みの宿題は、どうでしたか?

こんにちは!

ボイスメンタリスト®美歌です。

実は、
既に「夏休みの宿題を計画的に終了させる」
ことができるかどうかで、人生の訓練を
していたんだなぁ、と大人になって

仕事を始めてから氣づきました。
(遅すぎ?)

まあね、親からは何度も何度も
諭されてはいましたが、
聴く耳をもっていないので、

馬の耳に念仏でした。



それって、私の耳が馬の耳になっているわけですよねぇ。

夏休みの宿題からだけでも、
その人の計画性や、先の未来(9月1日)の
新学期を見据えて逆算する力が
試されています。



計画性がないと、あとあとどうなってしまうか
という「結果」をまざまざと見せられます。

1つ上の視点で先(将来)を見据えて、
しっかり「今何をするか」を落とし込んで
進んでいける人かどうか、

学びに変えて成長し続けていけるのか、
器がわかりますよね。

でね、もう一歩踏み込みますね。

「夏休みの宿題」は、やりたくないことだった…。
と言ってくる人もいるかもしれないじゃぁ
ないですか。


じゃ、
「やりたいことは先送りせずにやっとるか!」
って話なんですよね…。
(シミジミ)

しかも、立派な大人として
お金も時間も自信磨きも
自分で整えて采配してますか?
と暗に申しております…。

さて、親になったあとの「今」、
8月31日までやらなかった子供時代
だったのに、大人になって冷や汗かきながら

お子さんの指導にあたる人もいるのでは
ないでしょうか?

昔は昔、過去は過去。

そこから学びとったことで、
先延ばしは自分の首をしめるだけだと
学び取って、目を背けず「改善」した人は、

次のステップに進んでいけますよね。

一方、相変わらず先延ばし癖だと
「ビジネス」や「お金を稼ぐ」局面では
大きなブレーキとなります。

ブレーキを別の言葉で言い方を変えると、
「ストッパー」や「マインドブロック」などの
「心のわがままな自己正当化の声」です。

だって、冷静に考えれば、
あなたの勤めている会社の社長さんや
重役の方々に「計画性」がなくて

嫌なこと先送りで仕事をする人だったら
会社は「今日」にでも倒産しますよね。

自分の人生も、会社も「経営」
ということなんですよ~。

そして、大人になると自己責任対応なので
「やりたいこと」なのに、

「お金がない」「時間がない」「自信がない」
「今じゃない」という世界四大言い訳


今じゃなくても大丈夫!
っていう、便利でも何でもない口実で
自己正当化しているとしたら…。

強がっているとしたら?

すんごく悔しいし、
もったいなくないですか?

あとになってから、「息をひきとるとき」に、

「あのとき先送りせずにやりたいことを
勇氣を出してやっておけばよかった~」

って嘆いたり悔やんだり涙することに
なりませんか?

まで、視点を高く広くして
見据えていますか?

このことは、私自身に対しても戒めなのですが、

うまくいく人、賢者は、
「今やらないとあとがさらに大変」だから、
怖いし不安だけどやるっきゃない!

という意識の高さで踏み出していますよ!
と伝えたいんですね。

人は、「未体験」の「新しいこと」へと
踏み出すときに、「恐れおののき」
不安を感じます。

身体のどこかに痛みの反応が出る人もいます。
胸がざわざわして落ち着かない人もいます。
頭がパンクしそうになって、逃げたくなります。

人間の「感知システム」がそうなっているから
ザワザワ違和感は、正常な反応なんです。


「未体験」のわからないことだから出る反応。


痛みを避けて向き合わず、逃げたい本能でいつまでも
変わろうとしない、踏み出していかないと、

「体験したことのあるだけのちっちゃな世界」
で生き続けることになります。

「未体験”だから”面白そうなチャレンジだね!」
嬉々として飛び込んでいける人もいるんですよね。

だって、得意でやりたいことなんだから。

選択をするのは、いつでも「今」なんだけれど、
「今」は「未来からの今」なんです。

「過去からの今」ではないんです。

あなたは、大人になった今も、
学校を卒業した今も、
意識改革や学びと進化成長を続け
レベルアップして

下記のような人生を満喫している賢者ですか?

☑ 潜在能力を発揮するとはこういうことかと
  実体感していて楽しい。

☑ 自分の人格や人間性が向上してすごい!

☑ 成就させていく過程を通してともかく
  一段も二段も自分の世界観が変わった!
  嬉しい!

◆「老後の生きがい探し?」と言われ頭にきました

ボイスメンタリスト®メソッドの
相談会にお見えになった方が、

上記のようなことをご家族から言われ
憤慨されたと、こぼしていました。

もちろん、匿名で、
この件をブログに書いてもいいですか?
と尋ねて、OKをもらっています。

匿名です。

さて、本題に戻りますね。
「今、やりたいことを再発見したんです~。
なのに~。」

「老後の生きがい探し?」

と言われたと、
笑っていらっしゃいましたが、

内心はいかばかりでしょうか…。

いや~、失礼!ですよね。

いや、人によっては失礼ではない
のかもしれません。

ただ、もし私が、それなりの年齢で、
家族や誰かにそう言われたとしたら、
怒るし、すんごく悲しいです。

私による、あとの逆襲が怖くて、
「口が裂けても言わん!」を
選択する人もいるかもしれません。

さて、あなたの年齢が何歳かにもより
「たった一言」のとらえ方は変わります。

それ以外にも違いはありますが、
人それぞれに反応は変わります。

憤慨するかしないかは…。

だって、20代、30代の人には
そういう言葉は使わないですよね。

言葉の意味するところの対象外だから
そーいった言葉は出ない。

また、仮に使われたとしても、そもそも
本人は範疇外で「老後のいきがいって何?」ぐらい
概念がないことなので、「氣にしていない」ので、
無反応になります。

老後の生きがい探し?
と言われるということは…?

そして、「老後の生きがい探し?」と言われ
何かしらの反応を示しているとしたら?

それなりの対象になる範囲内の妙齢。
だということですよね…。

さて、
もしあなたに「夏休みの宿題」のように
先延ばし癖が、ずーっと改善されずに
残ったまま生きているとして…。

(男性でも女性でも)
子育てが終わって
中断していた「やりたかったこと」や
「適性があって好きなこと」を

キャリアとして再開したり、
趣味としてでもいいのでスタート
しようとするとき、

いいえ、趣味じゃないわよ!本氣よ!
私にだって人に何かを与えられるわ!

でもなんでもいいのですが

こうやって、外部から様々な反応が
出てきます。

外部の反応なんて本当はどうでもいいんです。

外部の反応を通して、実は、

「自分の今」が見えている、

という点に向き合うことが
大切なんです。

ここで「自分に起こった心身頭の痛み」に
向き合えるかどうかが、

人生のいかなる時も肝心です。

そういう反応が出ているということは、
あなたが「未体験」の「新しいこと」の領域に
進もうとしたから
こそ出る正常な反応だからです。

昨日と同じことの繰り返しの延長の領域や、
意識しなくてもできるような「同じこと」には
心身頭からの違和感なんて、そもそも出ません。

20代でも30代でも、
先送りできない40代、50代でも60代でも
「今」の選択の積み重ねが人生です。

「老後の生きがい」は
人生100年時代の私たち現代人にとって、
とても大切な課題ですよね。

むしろ、
「老後の生きがい」なくして
加齢後の人生を元気に健全には
生きられないですよね。

何歳になっても生きがいをもって
生きていく姿勢や情熱って
素晴らしいじゃないですか!

「何を言ってるんだ~!」と伝えましょう。

(心の中で、ですよ!)

お父さんにしたって、お母さんにしたって
ときには自分のことを後回しにしてでも
大切な子供だから世話をしてきた。

健康と進化成長を願い、
成人後は立派に独り立ちして
生活していけることを願って
教育の機会や環境も与えてあげてきたんだから…。

陰ひなたになっていろいろ動いてあげたでしょう?

ッテイ!

あなたの「今」が何歳でも、
残りの人生である余生が何年でも
幾つになっても

心身頭ともに、健全に
情熱と活力をもって
自ら生きていく姿勢って素晴らしいじゃないですか!

それこそが、人が人として
これからも生きていく活力ですよ!

◆何歳であろうとも…。そして、特に若い人へ…。

ただし!

あなたが何歳であろうとも…。

人は、例外なく、
向き合わなければいけない「こと」や「今」があります。

胸がザワザワしたり、
胃がシクシクするかもしれません。

ちょっとした緊張感で、
脳や体に反応が表れるかもしれません。

「やりたいと思ったこと、
 再開したいと思ったことが

 子育てが終わったあとになった今の生きがい探し
 でよかったのか?」

もう引き返せないので、
いい悪いではないですよね。

いえいえ、本当は、
家庭と両立しながらでも
大変だろうけれど

生涯を通しての
「ライフワーク」にしたかったのかどうか?

という点なんですよね。

「自分」です。

ライフワークや、ビジネスや、
生きがい、やりがいって、
あなた自身の「生きざま」なんです。

●そして、特に若い人へ…。

人生とは、加齢すればするほど
背負う社会的責任は大きくなります。

ここ(加齢後、老後は誰にでもやってくる)が
「夏休みの宿題」でいう9月1日のことです。

今、20代だから、30代だから、
先送りしていいという理由には
ならないんです。

もし、本当にやりたいという情熱が
あるのならば…。

ライフワークにしたいほどの情熱や
信念
があるのならば。

スタートは早ければ早い方が良いのは
火を見るより明らかです。

見えてないなら見てないだけ。
見ようとしていない。

視点が低すぎて見てない状態です。

もちろんきれいごとだけで
社会はわたっていけません。

ライフワークのために、
やりたいことのためには、
時にはやりたくないことも
大変なことも、やることになります。

やりたくないことや大変なことを
含めて「やりたいこと」でしょう?

7月後半から8月31日までを
どう計画的に過ごすかということは

どう自分自身の人生を計画的に
過ごしているのかということです。

これを
「●●●●●●」と言います。

あなたは自分自身の人生なんだから
自分の「ライフワーク」を実現していく
「●●●●●●」って持ってますか?

世の中で、
成功者と呼ばれている人や、
経営者レベルの人、
お金持ちの人、

スポーツや芸術や何らかの分野で
頭角をあらわす人、

目だった活動にはなっていないけれど
「ライフワーク」を通して
自分の人生の質や幸福感を高め
実感している活力ある人たちは、

「今」を決して先送りしていません。

どうか、「今」の意味と
せっかく見つけた「やりたいこと」が
自分の人生に与える意味を

自分自身で大切に育てていって
くださいね。

その具体的な落とし込みや
効果、効率を上げる正しい順番と
正しいやり方については、

末筆ながら
ボイスメンタリスト®メソッドで
伝授していることを伝えて
今日のブログを終えますね。

なお、来るゴールデンウィーク

【得意でやりたいことを1段上げて「ライフワーク」に!
 今から未来をモノにする!●●●●●●作成!】

メッセージ:
 心のブレーキとなる自分の古い癖や言い訳を超え
 意識を一段も二段もあげながら
 より充実した人生へ羽ばたく自分に

 生まれ変わっちゃいましょう!

そのための相談会を実施いたします♪

☑ やりたいことのチャンスを2度ともう逃さない「お金を稼ぐ」自分への一歩を踏み出すんだ!

☑ もっと行動していける自分に生まれ変わって、これからは「人生の残り時間」を有効に使ってやるんだ!

☑ 誰かや何か外側のせいにしないで、自分を他人と比べないで、自分を信じて活躍させてあげるんだ! だってこのままじゃ悔しいモン・・・

という方は、「情熱」を未来行きチケットに見立てて
楽しみに待っていてくださいね!

募集に関しては、メルマガ読者さん優先で
後からこちらのブログでもご案内します。

楽しみに待っていてくださいね!

(ブログ下部のメルマガ登録をお忘れなく!)

~~~
<ボイスメンタリスト®美歌のミッション>

95%の潜在意識(無意識含む)を
味方につけて動かし、

誰もが自分の心を自由にコントロールする
マスターになり

制限のない人生を送る毎日と社会を実現する
サポートを行うこと。
~~~

今日は以上です。
今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

体験レッスン会のお申し込みはこちら

400





error: Content is protected !!