【チャクラ発声法:難解編】チャクラと脊髄と脳幹の関係。役割、働きを活性化する発声法の秘密


あなたは近頃、身体のバランスや
神経伝達がうまくいっていない
のではないか?

と案じたり、気づくことが起きていませんか?

 

姿勢が悪いと自律神経の伝達が悪くなります。

あなたの意識や意志による身体の動きや
反応力も鈍くなります。

 

姿勢を左右する「背骨」の存在。

背骨には、脊髄、脊椎、脳幹が関係し、
神経やチャクラも関係していることを
ご存知ですか?

 

こんにちは!

幸運チャクラを覚醒させて、
あなたの声を幸運を呼び込む
「パピネスボイス」に変える!

心を開くオープンマインドボイス
&ハピネスボイスレッスン主宰
神剣美歌(しんけんみか)です。

 

 

●脳幹とは:

 

 

「脳」で処理された情報は、
「脊髄」を通って体の各部位に
伝達され、実際の行動に反映される、

この脳と脊髄の間を取り持っている
のが「脳幹」です。

 

 

◆「脳幹」は、間脳、中脳、橋、延髄の4つに区分される。

 

(1)間脳

 

間脳は脳幹の中でも
最も脳に近い部分のことです。
大脳全体に覆われています。

 

間脳は「視床」と「視床下部」に
分けられています。

 

視床は嗅覚以外の全ての感覚の中継点と
なっています。

 

視床下部は人間が生きていくうえで
非常に重要な自律神経の最高中枢と
なっていて、

内臓の制御、血圧の制御、
体温調整、ホルモン分泌などを
行っています。

 

また、間脳は、
大脳を覚醒させておこうとします。

睡眠は、意識を司る大脳を
休ませるために必要な毎日の行為です。

 

 

(2)中脳

 

間脳の内側に位置しています。
大脳皮質と小脳、脊髄などを
結び付けている重要な中継点です。

 

中脳自体も、高度な運動の制御、
聴覚の中継所、眼球運動などを
制御しています。

 

 

(3)橋(きょう)

 

小脳との連絡路です。

 

この橋により、小脳と大脳・脊髄などの
連絡ができるようになっています。

 

これがなくなると小脳との情報の
やり取りが行われなくなりますから、
体で覚えることが不可能になります。

 

 

(4)延髄

 

呼吸と循環器(心臓)の制御を
行っています。

 

人間の後頭部に位置する延髄に
ショックを与えることで

 

呼吸と循環器の機能を阻害する
ことで、一瞬息ができないようにし、
クラッとさせる必殺技を繰り出した
格闘技の選手もいましたよね…。

 

 

◆脳幹の「働き」と「重要性」

 

脳幹はいくつもの部分に分けられ、
それぞれ役割は違います。

 

それら全てをまとめて
脳幹の働きを大別すると、
以下の2つに分けられます。

 

(1)人間の意識を制御する

(2)人間の生命を維持する

 

それでは、脳幹の大きな2つの役割を
詳しく解説してまいりましょう。

 

 

(1)人間の意識を制御する

 

人間がものを考えたり、
行動したりできるのは、
大脳が活動しているからです。

 

この「大脳の活動を制御する」
のが脳幹の役割の一つです。
「大脳」は意識を担っています。

 

その大脳が活動できるのも
「脳幹」が活動をさせている
からなのです。

 

ちなみに、「睡眠」は
大脳を休ませるために取るわけです。

 

「睡眠」はホメオスタシスという
体を調整する機能が働くことによって
起こるもので、
その機能は視床下部が担当しています。

 

従って、睡眠にも脳幹が
深くかかわっているということが
わかります。

 

※「ホメオスタシス」とは?

 

 

(Wikipediaより一部抜粋)

生体恒常性と訳されます。

 

アメリカの生理学者 W.キャノンが
主著『人体の知恵』 (1932) のなかで
提唱した生物学上の重要概念です。

 

生体内の諸器官は、気温や湿度など
外部環境の変化や、体位、運動などの
身体的変化に応じて

 

生存に適した一定範囲内に保持しよう
とする性質があり、内分泌系と神経系
による調節がそれを可能にしています。

 

この性質をホメオスタシスと名づけ
ました。

 

 

 

(2)人間の生命を維持する

 

意識を制御することは大切ですが、
それよりも重要なのが
「生命維持の機能」です。

 

「脳幹」は、自律神経ホルモン
心臓、呼吸にまで影響を及ぼしています。

 

「大脳」や「小脳」は
人間として重要なもの。

「脳幹」は人間の「生物の命そのもの」
にとって重要なものなのです。

 

脳幹の働き(機能)は「生命維持中枢」

 

・消化、呼吸等の働きを司る
自律神経を調整する

・ホルモンの内分泌を調整する

・食欲、睡眠等の本能行動を調整する

・発汗、発熱等の体温を調節する

・運動神経、知覚神経の働きを持つ
脳神経の司令塔

・歩行、姿勢の制御や、
高度な運動を調節する

・摂食、発音、呼吸と循環(心臓の働き)
を調整する

・毒素の排出を調整する

・怒り、恐れ、ストレス等の情動行動
を調整する

 

◆脳幹の構造と、担う役割

 

 

脳は、大きく分けると
「大脳」、「小脳」、「脳幹」
の3つで構成されています。

 

「脳幹」は、

・上の部分では「大脳」と、
・後頭部の背中側の部分では「小脳」と、
・尾のような下の部分では、「脊髄」と

つながっています。

 

大脳から脳幹へ。
小脳から脳幹へ。
そして脳幹から脊髄へ。
というルートで神経伝達が行われています。

 

脳幹は、コントロールタワーなのです。
つまり、司令塔の役割も担っているのです。

 

 

◆脳幹は「中枢神経系を構成する器官集合体」

 

自律神経など中枢神経を含めて脳幹とも言えるのです。

 

 

◆脳幹、脊髄上に存在する7つの精神的エネルギースポット「チャクラ」

 

「チャクラ」を活性化することは
「脳幹」を活性化することでは
ないでしょうか。

 

チャクラを活性化することや、
チャクラを開くことなど、
様々な表現があります。

 

チャクラが開いており、
脳幹も活性化されて、身体の感覚、
バランス、神経伝達がうまく
いっている状態。

 

それは、
本来の自分の心身状態、
身体感覚になっている状態

なのではないでしょうか。

 

 

◆チャクラに詰まったネガティブ感情のつまりを解く発声法

 

 

チャクラ発声法は、脳幹組織も健全に、
神経の伝達のバランス良い状態を
つくりだすことにもつながるようです。

 

※「何故」チャクラに感情が詰まるの?
については、こちらの記事をご覧ください。

 

【チャクラボイス=発声法】何故、チャクラには感情が詰まるの?溜まるの?

 

心身共に健全な状態は、マインドフルネスに
つながるともいえますよね。

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

オープンマインドボイス・メルマガは、
毎朝届く合計35通のステップメール
夜刊(週数回お届けするリアルタイム配信)
の2部で構成されています。

 

朝の部はセルフレッスンできる
ボイストレーニングの具体的な
テクニック内容をお届けしています。

 

基本発声法を図解入りで解説しています。

毎朝5分! あなたが行えば!

1か月後には、あなたの声が
見違えるほど通る、響く、
「伝わる」人になる ことができます。

 

夜刊の部では、
・成功するマインドセット
・心理学的アプローチ
・7つのチャクラについて
・意識やエネルギーについて

などを、リアルタイムにお伝えしています。

 

■メルマガ登録2大特典付きです。

ご登録はこちらから。

●オープンマインドボイス(アカデミーボイス.com)メールレッスンお申込フォーム
※メルマガの購読は無料です。

セミナー講師の声の悩みを解消するアカデミーボイス・メールレッスン