先延ばし癖の原因となる「●●」を手放すための「声を出さずにできる」解決策。


成人しても、実に20%の人は、
「自分には先延ばし癖がある」
と自覚しています。

 

あれ?
意外と少ないですか?

 

癖がある自覚だけで、誰でも
先延ばしにして「逃げた」
「避けた」体験はありますよね。

 

・逃げてる
・避けてる

 

といういや~な自覚があるなら、
さっさと手放して、次のステップへ
進み、スムースな人生にしたく
ないですか?

 

こんにちは!

 

幸運チャクラを覚醒させて、
あなたの声を幸運を呼び込む
「パピネスボイス」に変える!

 

心を開くオープンマインドボイス
&ハピネスボイストレーニング
主宰@神剣美歌です。

 

 

◆「先延ばし癖」を解決する現実的な具体的方法を行う前に。

 

 

 
前回は、「先延ばし」が起こる
脳内の原因と、

「先延ばしが癖になる」
心理的な要因について解説
いたしました。

 

お知りになりたい方は、
以下の記事をお読みくださいね。

 

 

このままでは人生マズイ。先延ばし癖の原因と、具体的解決策。+人は、発声して声と言葉にしないと自覚、行動しないから。

 

 

1.めんどくさい、複雑だ、大変そうだ!と思ったら、「ステップ」を細かく小さくして、手掛け始める

 

例えば、
いきなりエベレストに登頂しろ、
と言われるかのような仕事や作業だと

誰でもたじろぎますよね。

 

では、富士山くらいなら登れそう
ですか?

自分の家から駅までなら
歩けそうではないですか?

 

2000KMを、いきなり歩き続けるのは
誰でもへきえきしますが、

2KMや、200Mならば歩けますよね。

 

まず、仕事や作業などを細分化して、
10の行程に分解したならば、
まず1つ目だけをやってみることです。

 

 

2.時間がかかりそうだと思ったら、時間を決めて、まず1時間だけでもやってみる。

 

 

 

3.スキルアップ、レベルアップしていかないと磨けない技があるなら、1歩ずつ、ベビーステップを刻むと決める。

 

 

4.10人にメールを送ったり、電話をしたり、営業をかけなければならないのだとしたら

 

 

 

まずは1人。
次は2人目。

と、少しずつ増やしていく。

 

5.新しいものごと、未知のもの、初体験のことなら

 

 

調べてみる。経験者の話を聴いてみる。
などの情報収集をしてみる。

 

  • 上記のように、

 

  • ・細分化する
    ・複雑ならシンプルな行程に分解する
    ・ベビーステップで進む

 

  • ・時間を決める
    ・難易度、レベルが高いなら、一旦下げたところから始める。
    ・調べてみる

 

 

◆「先延ばし」は心理メカニズムなので、鍛えて治るものではない。けれど、改善策はあります。

 

 

心理学者のニール・フィオーレ氏の
解説を引用します。

「先延ばしは、鍛え直したら治る
ような『なまけ病』ではありません。

先延ばしとは、タスクや決断に関する
不安に対処するための
心理メカニズムです」

 

 

 

 

◆「先延ばし癖」の要因である「恐怖」は、幼少期からの体験で「深く傷ついた体験」に由来している。

  • 私たちは、何も知らなかった
    幼い頃からの成長体験の中で
  • 「傷ついた」という感情が深まると

 

  • 相手や、周囲の状況や環境に対し
    攻撃的になります。

 

しかし、人や環境のせいにすれば
するほど、
自分自身がきつくなっていきます。

 

何故なら、最終的には
自分を責めるからです。

 

そして、自分を責めるとさらに
きつくなるので、周りを責めます。

 

  • さらに、目をそらし、
    忘れようとします。

 

  • 忘れた状態になっても、
    「未解決」なままなのです。

 

 

  • この
    「未解決にしてしまった課題」
    は、私たちの心の奥深くの引出しに
    しまい込まれてしまいます。

 

  • 心の奥深くの引出しが、
    私たちの「潜在意識」なのです。

 

  • だから、幾つになっても、
    同じような課題に出会うと、
    幼い時に味わった深い痛みの感情が
    浮上してきてしまいます。

 

  • この「深い痛みの感情」が未解決の
    ままなので、

 

  • ・新しいことへのチャレンジ
    ・新しい世界へ飛び込むこと
    ・未知のことへのお金や時間の投資
    ・人に近づくこと
  • を遠ざけることになってしまいます。

 

  • ですが、実は、この「恐怖や不安」を
    通り抜けることができると、
    「新しい発見」「新しい体験」による
    嬉しい、喜びの感情を得ることができます。

 

自分への自信も生まれます。
他者に対する「親近感」も生まれます。

開放感、信頼、愛が生まれ始めます。

 

 

  • ◆「恐怖」や「不安」がきたら、直面して解決することを選択してみよう。
    それは「●●●●」です。

 

  • 恐怖という暗闇を抜けると
    そこには光がさしています。

 

  • 例えば、あなたが先延ばしする癖は、
    具体的にはどのようなこと/人に対して
    ですか?

 

  • ・恋愛のこと?
    ・仕事のこと?
    ・お金のこと?・厳しい父親に似た男性?
    ・口やかましい母親に似た女性?
     
     
    ・体育の成績が悪くて運動が苦手だと
    思い込んでいるから?
  • ・親や先生や、近しい友人から
  • 「あなたは●●がダメだよね~」と言われた体験があるから?
     ・こっぴどく人を傷つけた経験からの罪悪感があるから?
    ・失恋を繰り返してしまい、非常に悲しんだ経験があるから?

 

  • あなたの「失敗体験」は
    何に対してでしょうか。

 

  • 誰からの体験があるから
    でしょうか?

 

  • 対象となる経験や相手が、
    まだ近くにいて、確認できるようなら
    「事実確認」をしてみましょう。

 

  • その時は、必ず、あなたの
    「思い込み」や「決めつけ」「誤解」
    という偏見から、

    単語を投げて「聞く」のではなく、

  • 「尋ねる」話法で行ってくださいね。

 

  • そして、
    「そんな意味ではなかったよ」
    「そんなつもりではなかったよ」
    「こういう意図だったんだよ」
    などが分かれば、

 

  • 「事実を知ること」から逃げていた
    課題を克服し、

 

「なんだ、そういうことだったのか」
という解決に向かうこともあります。

 

 

未解決を手放す<秘訣>は、
「事実確認」と
「尋ねる」話法です。
今日のブログはここまでです。

 

 

明日のブログでは、実際に、
「先延ばし癖」を手放すための
「言葉にして声に出す発声法ワーク」
をお届けしますね!

 
お楽しみに!

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

オープンマインドボイス・メルマガは、
毎朝届く合計35通のステップメール
夜刊(週数回お届けするリアルタイム配信)
の2部で構成されています。

 

朝の部はセルフレッスンできる
ボイストレーニングの具体的な
テクニック内容をお届けしています。

 

基本発声法を図解入りで解説しています。

毎朝5分! あなたが行えば!

1か月後には、あなたの声が
見違えるほど通る、響く、
「伝わる」人になる ことができます。

 

夜刊の部では、
・成功するマインドセット
・心理学的アプローチ
・7つのチャクラについて
・意識やエネルギーについて

などを、リアルタイムにお伝えしています。

 

■メルマガ登録2大特典付きです。

ご登録はこちらから。

●オープンマインドボイス(アカデミーボイス.com)メールレッスンお申込フォーム
※メルマガの購読は無料です。

セミナー講師の声の悩みを解消するアカデミーボイス・メールレッスン