◆【声、伝え方、歌い方の伝わり方を効果的にする】誰に?を1番最初に決める意味


前回のブログでは、
『【声、伝え方、歌い方のポイント、順番】
誰に一番伝えたいですか?(恋愛編)』
と題して、」

「誰に」伝えたいのか?

を1番最初に考えましょう!
という「伝え方の最初のポイント」
について書きました。

今日は、その「続編」です。

こんにちは♪

33,000人の人生の流れを変えた!

潜在意識のプロが教える

「声」と「伝え方」が変わるだけで
あらゆる悩みが消えて
自信をもって仕事も人生も思い通りになる

ボイスメンタリスト®美歌


です。

今日のブログでは、

『◆【声、伝え方、歌い方の伝わり方を効果的にする】
誰に?を1番最初に決める意味』

と題して、
ボイスメンタリストとして解説しますね。

最後まで読むと

●なるほど~、そういう成功例があるんだね。

●漠然としたエネルギーだと誰にも伝わらないけど、
 「誰に?」という的、ターゲットを
 最初に考えると、「伝わりやすく」なって、
 さらに効果的に「刺さるんだ!」

ということが、わかりますよ~♪

そして、


●今日から、伝わりやすくするために
 実行に移せるな!

 やってみる価値はあるな!

ということにつながります♪

◆前回の復習:恋愛編

1.彼氏/彼女がいないので
  誰でもいいから付き合いたい。

  は、散漫なエネルギー。
  
  「募集中!」では誰にも伝わらない。

2.どんな人がいいのか少し絞る。
  さらに、具体的に「Aさん!」
  なのか、「Bさん!」なのか、
  たった一人に絞る。

  Aさんだから付き合いたい!
  という氣持ちがあるからこそ、
  たった一人の対象のAさんに
  伝えるエネルギーが固まる。

3.なんで絞るかっていうと、
  「Aさんという人の好みがわかる」
  同時に「Aさんの嫌いなものもわかる」

  だから、「好み」に対して訴えよう。
  嫌われるようなことはしない!

4.愛の告白をいきなりするな!
  モノゴト=親睦を深める順番がある。
 
  愛の告白がすべてではなく、
  「告白した ⇒ Yes!をもらった ⇒つきあう」
  ために「言葉やシチュエーションを
  相手の好みにあわせて伝える」

  から伝わる。

というところまで、お話しました。

モチーフを「恋愛」にしたのは、
仕事でも、人間関係でも、
前向きな関係を築く姿勢は、

「相手へのラブレター」会話であり、
「相手ありきの好みに寄り添う」
ほうが、自分に振り向いてもらいやすいから。

振り向いてもらえる、関心をもって
もらえる確率が上がるからですね。

だから、相手がイタ飯が好きな人なら、
イタ飯屋に誘ってみる。

自分がどんなに和食が好きで、
歴史的伝統的の高級割烹でも、

「相手の人」に椎間板ヘルニアという「痛み」
がある人を誘ったら、拷問だよ。

全然、愛の表現になってないよ。

という脱線したお話でした。

◆「誰に?」と1人/1点に絞るメリット

現実界でのエネルギーの広がり方について、
私たちは、小学校の理科の時間に
学んでいます。

漫然とした空気のある環境で、
太陽が出ている昼の時間に、

虫眼鏡を使って、

1枚の紙に向かい、
光の屈折を利用してエネルギーを1点に
集めていくとどうなるか?という実験です。

どうなりましたか?

1点に焦点を合わせた1枚の紙の上に

やがて黒い点が表れ、
焦げはじめて、
火がついて

それが周りに燃え広がっていきました。

そうです。

燃え広がらせるために、
まず先に「1点に焦点をあわせる」
のがポイントなんですね。

◆「誰に?」を最初に考えて、ビジネスで成功した例

今日は、恋愛から離れて、
ラブレター精神をもったビジネスの
観点からお話しますね。

ボランティアでも趣味であっても、
ビジネス精神でのラブレター精神は
大切だからですね。

「誰のために?」贈りたいですか?

ということが、相手との関係を
築くきっかけになるからです。

●例1)横浜銀蝿

昔、「横浜銀蝿」というバンド
が表れ、歌謡界で大ヒットを連発し
一定の成功を収めました。

横浜銀蝿は、市場として「音楽業界」
を選び、参入しました。

歌好きのお兄ちゃんたちだったのでしょうね。

そして、「横浜銀蝿」のカラーは、
つっぱり兄ちゃん。
暴走族スタイルでした。

つまり、彼らの音楽を、歌を聴く
お客さんとなるターゲットを、

10代、20代前半のつっぱり兄ちゃん、
暴走族に絞りました。

「絞る」ということは、
昭和のぶりっこアイドル好き好き~!
という層を捨てる。
ということです。

「美空ひばり」様のような女王様!
音楽歌謡界の国民的大スター

の、幼少期からの歌いあげ歌唱力に
敵うわけわけもないのですから、

昭和時代の大歌手様の層、
どんな年齢にも恐らく受けるであろう
層を捨てるつもりではないけど、
捨てているんです。

つっぱり兄ちゃんに絞った、
つっぱり兄ちゃんに受けて刺さればいい、
ということです。

だから、歌う時の制服となるファッションも、

・リーゼント頭
・サングラス、しかも少しずらしてかける
・つっぱりのだぼだぼしたズボン

と、歌謡曲ロックというジャンルを
演出しました。

さらに!

「歌詞!」も、つっぱり暴走族の
お兄ちゃんたちの「心を表現した」
歌詞ですよ。

「歌詞」は「歌の命」です。
「真髄」です。

ターゲットもファッションもつっぱり兄ちゃん
なのに、「ゆっるーい癒しの曲」とか、
「癒されるヒーリングミュージックのような歌詞」
ではありません。

「つっぱって、とんがって、おめーふざけんな!
社会に対しても訴えてやる!ふざけんな!」
的な歌詞です。

つっぱり兄ちゃんたちが、普段心に抱き
感じている「そのまんまの言葉」を
歌詞にして歌ってくれました。

だから、聴いている人、つっぱり兄ちゃんたちが
「これ! 俺の歌だ! 俺のために
歌ってくれてるんだ!

横浜銀蝿、かっけ~!!!!!」
となって大ヒットしました。

ポイントは、ターゲットとなる「誰に?」を絞ると、
ファッションも、歌詞も、音楽性も統一される。
一貫性が生まれるからです。

受け取る側に混乱や矛盾を生じさせないためです!

成功例2)浜崎あゆみ

浜崎あゆみさんは、
当時アメリカで大ヒットしていた
「マドンナ」をモデルにしていました。

だから、「顔」も「メイク」も
「ファッション」も

マドンナに似せていますよね。

そして、
彼女が売れた理由に関しては、
「歌」だけではなく、

「誰に?」向けて、何を発信したのかを
解説しますね。

オシャレをしたい盛りの
女子高生や、大学生、20代の
ファッションセンスを磨きたい女性
にアピールしました。

SNS上に、最先端のファッション
身を包んだあゆの写真を
掲載しまくりました。

自分のことを、「あゆは~!」
名前で呼んでしゃべることも特徴でした。

余談ですが、マドンナも、あゆも、
顔が「猫」っぽいでしょ?

犬より猫のほうがとんがっているっぽい
イメージはありませんか?
気まぐれで小悪魔的な感じ…。

実際にあゆは、猫を10匹以上飼っていました。
レコーディング時にも連れて歩くので、
周りのスタッフがケアしてくれます。

と一緒に写真に写っても、
何の違和感もないでしょ?
むしろ一貫性のあるメッセージ性が加わりませんか?

浜崎あゆみさんは、
SNSという媒体をも味方につけて
「音楽も最先端感」をにおわせながら

ファッションリーダー的な存在を
確立していきました。

例3)安室奈美恵

安室奈美恵ちゃんは、圧倒的な歌唱力を誇ります。

MISIAや、ドリカムの吉田美和と並び称される
すんばらしい歌唱力です。

その上に、踊れます!
あれだけ激しく踊っても、

リズム1つはずさず、
音程1つはずさず、

完璧に歌い踊れます!

その上、クォーターという
手足の長さですから、見栄えします。

あゆより少し前に、
ファッション・アイコンの地位を
確立しました。

安室奈美恵ちゃんの活躍で、
多くの高校生が彼女のファッションを
真似ました。

「アムラー」現象です。

女子高生の元氣さ、おしゃれをしたい!
という好み、心をくすぐり、
刺激して、お手本を見せてくれました。

安室奈美恵さんは、
決して、主婦層を狙ったり、
ビジネス層を狙ってはいません。

ですが、女子高校生から火がつくことで、
1点に絞ったエネルギーが周りに
燃え広がっていきました。

そして、安室ちゃんの歌声を聴いた人が、
主婦であってもビジネスマンであっても、

「圧倒的な歌唱力」と
「ダンス能力」に氣がつき、魅了され

ファンになっていきました。

◆まとめ

因みに、
今日のブログで書いていることは、

「●●という歌手は、
 売れるために、ヒットするために

 ▲▲して 売れた成功事例の1つ」
というお話を書いています。

3つの具体例を挙げました。

「どんな人でも▲▲すれば売れる」
とは書いていません。

どんな歌手も、メジャーデビューさせる
以上は、ビジネスという商業音楽です。

売れるために、ヒットさせるために
お金をかけて露出するんだから
それ以上の収益を得るために

ヒットさせることを1つの成功指標として

成功確率を上げるために

「誰に?」を狙ってやっているという
事例ですからね。

「▲▲だけで売れる」と
誤変換しないでくださいね~!

あなたには、
・声を使って
・スピーチしたい! 商品やサービスを伝えたい!
・歌を歌って
・人前に出て

大活躍したい!

という夢はありませんか?

ボイスメンタリスト®美歌は、
あなたの声と心を使った
「理想の未来実現コンサルタント!」
です。

もっと詳しく知りたい、
やるからには、ヒットさせたい!

もっと的を絞るポイントや、
コツを知りたい!
という方は、私にご連絡くださいね。

だって~!
やるからには、大活躍したいじゃないですか~!

・歌が伝わりやすくなる歌い方
・スピーチが伝わりやすくなる話し方
・ライブや集客する時「誰に!」という
 届ける媒体は、一体全体どこにあるのか?

という様々な疑問に答えるポイントは、
詳細には16項目あるんですが、
「今、現在、対象者と届け方を決めたい!」
っていう人は、

是非、レッスン体験会に参加して
みてくださいね!

特に対象者がいる人は、
先延ばししないほうがいいですよ~!

対象者が絞れなくて…、だけど
何とかしたい! と1人で迷い続けている人なら
速攻解決して、次のステップへ踏み出しませんか?

今日は、以上です。

次回は、「誰に?」の次には
何を考えれば、より伝わりやすくなりますか?


という2番目のポイントについて
お伝えしますね。

お楽しみに!

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

体験レッスン会のお申し込みはこちら

400